MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「ユーザーがお金を払い続ける理由は、コンテンツではない。その先にあるユーザー体験だ」スクーが描く、WEB上に誕生した新しい学びの場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 20~30代の学生・社会人の間で、話題になっているオンライン学習サービス「schoo(スクー)」。その講師陣はMarkeZineでおなじみの小川卓氏から、面白法人カヤックの柳澤大輔氏など、各業界の第一線の方々が集っている。オンライン上に誕生した新しい学びのサービスについて、スクー 代表取締役社長 森健志郎氏にお話しをうかがった。

WEB上に誕生した学校の新しいカタチ「schoo」

 「schoo(以下、スクー)」という、オンライン上で無料の授業が受講できるWebサービスをご存じだろうか。2011年10月にスタートしたこのサービスは、WEBに誕生した学校の新しいカタチとして、20~30代の学生や社会人を中心にじわじわとファンを増やしている。

株式会社スクー 代表取締役社長 森健志郎氏

 「事業立ち上げのきっかけは、東京大学で開催されたマイケル・サンデル教授のハーバード白熱教室を観たこと。これまで自分自身が高校や大学で受けてきた一方的なインプットの授業とは異なり、先生と生徒の対話形式の双方向コミュニケーションが生まれる授業がそこでは繰り広げられていた。それをオンラインで行えば、もっと面白いことになるのでは、と思った。そこで、インターネットを使った対話性の学びを提供する、WEB上の新しい学校をつくることにした」(森氏)

オンラインのライブ授業が生みだす双方向コミュニケーション

 スクーは、Facebook認証実名制のインターネット生放送を利用したオンライン学習サービスだ。現在のユーザー数はおよそ3万4,000人。ユーザーは授業の生放送にオンラインで参加することで、その授業の先生とのリアルタイムでの双方向コミュニケーションができる。

オンライン授業の様子(63:サービスの成果に繋げるためのアクセス解析 小川卓氏)

 「リアルタイムだからこそ、ユーザーはどんなことが起こるのか、わくわくしながら授業に参加できる。先生に対して全国各地からリアルタイムで質問が出たり、また同時に参加しているユーザー間でコミュニケーションが生まれる。逆に先生から生徒への質問の投げかけや、ブレインストーミングもできる。そんなコミュニケーションの生まれる学びの場を、スクーでは提供している」(森氏)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • キベジュンイチロウ(キベジュンイチロウ)

    福岡生まれ。大学新聞部での取材をきっかけに写真を始める。在学中から、フリーランスとして仕事を開始。大学卒業後は、ベンチャー企業で5年間フリーペーパー・WEB・Eラーニング教材などの制作業務に従事した後、独立してフリーランスに。得意な被写体は「人」。「看護」「医療」分野の経験が豊富。写真ではないが、I...

  • 安成蓉子(編集部)(ヤスナリヨウコ)

    MarkeZine編集部 副編集長 1985年生まれ。慶應義塾大学文学部を卒業後、専門商社へ入社し、営業を経験。2012年4月に翔泳社へ入社して以降、一貫してMarkeZineの企画・運営に携わる。2015年4月から副編集長となり、現在に至る。 ★編集担当書籍★『ザ・アドテクノロジー』定期購読誌『MarkeZine』

関連リンク

バックナンバー

連載:FEATURE

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5