MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「NAVER まとめ」月間訪問者数1,300万人突破~PCネット利用者の5人に1人が月に1回以上閲覧か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/02/25 12:00

 ニールセンが、2012年12月のインターネット視聴率データをまとめたところ、「NAVER まとめ」が大幅に訪問者数を伸ばしていることが明らかになった。

 ニールセンは、インターネット視聴率データ「Nielsen NetView」の2012年12月データをまとめた。

 その結果によると、「NAVER まとめ」の訪問者数が1,335万人に達したことが明らかになった。これは前年同月の593万人と比較すると2.3倍と、大幅な増加であった。リーチでは22%となり、PCでインターネットを利用する5人に1人が月に1回以上「NAVER まとめ」を閲覧している事になる。

 2011年12月から2012年12月にかけての訪問者数の増加幅で見ると、「NAVER まとめ」は741万人増。これはFacebookを大きく上回り、2012年に最も訪問者数を伸ばしたサイトとなった。また、訪問者数自体もTwitterをわずかに上回る規模にまで拡大している。

 「NAVER まとめ」の訪問者の閲覧傾向をページビューのシェアで見ると、ほとんどがまとめられた記事そのものを閲覧していることが明らかに。また、閲覧される記事については特定の人気記事が存在するというよりは、非常に広く分散した形で多くの記事が閲覧されている様子がうかがえる。

 また、訪問者が「NAVER まとめ」の直前と直後に閲覧しているページを調べてみると、直前に閲覧していたドメインではyahoo.co.jp(46%)、google.co.jp(28%)となった。この2つのドメインを合わせると71%にも達し、検索から「NAVER まとめ」に訪れる人が大半を占めていることが分かる。

 一方、「NAVER まとめ」を見た直後に閲覧しているドメインではブログやSNS、動画サイトなど様々なサイトが、割合こそ少なくなりますが比較的まんべんなく並ぶ。前述の閲覧されているコンテンツと合わせて考えると、ユーザーは検索により各まとめ記事に直接訪問し、その後、必要に応じて、まとめ記事からリンクされている外部のサイトに流出しているようだ。

 そして年代別の利用率を集計してみると、20~40代、および13~15才で利用率が高いという特徴が明らかになった。

 同社 シニアアナリストの西村友博氏は、「今回の分析結果で最も注目したいのは、訪問経路として検索経由の割合が非常に高いという点だ。

 これは『NAVERまとめ』の『テーマ毎に編集された情報』が情報検索者に支持されている結果と言えるでだろう。今回の分析結果で閲覧されているコンテンツが非常に分散していることからもこのサービスがすでに情報検索者の幅広い興味関心の受け皿として機能している様子がうかがえる。

 溢れる情報の中から必要な情報を読み解き、テーマにそって要約するスキルが個人レベルでも収益化できるようになったという点でも非常に興味深いサービスと言える」と述べた。

【関連記事】
「NAVERまとめ」日経電子版ニュースが検索可能に
「まとめサイト」関連の人気サイトランキング(2012年12月)
NAVER、まとめ記事作成者向けに1億点以上の高品質画像コンテンツを提供
まとめサイト、若者は「娯楽」シニア層では「マスメディアを補完する情報源」として定着
アイレップ、「2012年検索エンジンマーケティング業界10大ニュース」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5