MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スマートフォン契約数、2014年度には過半数に達する見込み【MM総研調べ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/03/28 16:00

 MM総研が発表した、スマートフォン市場規模の推移・予測によると、2012年度のスマートフォン契約数は4,337万件で携帯電話契約数の37.2%を占めることが明らかになった。

 MM総研は2017年度(2018年3月期)までの携帯電話市場の出荷台数と契約数予測を発表した。

2014年度、スマートフォン出荷台数比率8割超え

 2012年度の携帯電話出荷台数は前年比4.5%減の4,080万台の見通し。そのうちスマートフォン出荷台数は前年比19.9%増の2,898万台となり、総出荷台数に占めるスマートフォン出荷台数比率は71.0%と分析。

 2013年度以降の携帯電話出荷台数は2013年度:4,140万台、2014年度:4,270万台、2015年度:4,110万台、2016年度:4,290万台、2017年度:4,180万台と予測。

 また同様にスマートフォン出荷台数(スマートフォン出荷台数比率)は2013年度:3,160万台(76.3%)、2014年度:3,430万台(80.3%)、2015年度:3,340万台(81.3%)、2016年度:3,580万台(83.4%)、2017年度:3,530万台(84.4%)となり、2014年度にはスマートフォン出荷台数比率が8割を超えると予測する。

2014年度には、スマートフォン契約数が過半数に

 スマートフォン契約数は2013年1月末に4,061万件となり、4,000万件を超えた。2013年3月末には4,337万件に達する見込み。2013年3月末のフィーチャーフォン契約数は7,324万件、合わせた携帯電話契約数は1億1,661万件と予測。スマートフォン契約比率は11年度末より14.5ポイント増の37.2%に達する見通し。

 2013年度以降のスマートフォン契約数(スマートフォン契約比率)は、2014年3月末:5,915万件(49.3%)、2015年3月末:7,112万件(58.1%)、2016年3月末:8,034万件(64.5%)、2017年3月末:8,778万件(69.4%)、2018年3月:9,383万件(73.2%)となり、2014年度中にはスマートフォン契約数が過半数に達する見通し。

2013年1月末OS別スマートフォン契約数シェアはAndroidが1位

 2013年1月末のスマートフォン契約数4,061万件をOS別に見ると、Androidスマートフォン契約数が2,570万件(63.3%)で最も多い。次いでiOS(iPhone)が1,412万件(34.8%)、その他OS(Windows・BlackBerry)79万件(1.9%)であった。

【関連記事】
シニアが使いやすい企業Webサイトとは?スマホサイト1位はホンダ
週1回以上スマホで動画を見るユーザーは約7割【トレンド総研調べ】
ヤフー、米デューダモバイル社と提携~今春よりスマホサイト自動変換ツールOEM提供開始
20代のスマホ所有率は60%超え【ビデオリサーチ調査】
スマホ対応のECサイト、1年間で約2割増加【EC100サイトスマホ対応状況調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5