MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2012年、スマホからのインターネット利用率倍増~30・40代の利用増加が要因か【ニールセン調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/04/03 13:30

 ニールセンが発表した、2012年のスマートフォン・メディア利用実態のトレンドから、インターネット利用者におけるスマホからのインターネット利用割合が2013年1月で35%に達したことがわかった。

 ニールセンは、スマートフォン・メディア利用実態の2012年のトレンドを発表した。

 時系列での推移をみると、パソコンからのインターネット利用は年間を通して横ばいであったが、スマートフォンからの利用は2012年の1月の17%から2013年1月には35%まで増加した。また、2012年の10月には従来型携帯電話からの利用率とスマートフォンからの利用率が逆転した。

 性年代別の利用状況をみると、を2012年と2013年の3月期で比較して、男性では40代で8%の増加、女性では30代で5%、40代で6%の増加であった。2012年では20代の利用割合が大きかったが、2013年にかけて年齢の高い層にも普及している状況がわかった。

 また、OSの利用割合ではAndroidが6割、iOSが4割となり、この状況は年間を通して変化はなかった。

 そして、Androidの利用状況について詳細をみると、一人あたりの利用時間、及び一人あたりの利用頻度ともに月を追うごとに伸長していることが明らかに。また、アプリとブラウザの利用内訳ではアプリの利用がブラウザよりも多い結果となった。

【関連記事】
スマホユーザーの過半数以上が高速回線のつながりやすさに不満か
シニアが使いやすい企業Webサイトとは?スマホサイト1位はホンダ
週1回以上スマホで動画を見るユーザーは約7割【トレンド総研調べ】
20代のスマホ所有率は60%超え【ビデオリサーチ調査】
スマホ移行後に「ゲームアプリで遊ぶ時間が増えた」ユーザーは約7割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5