MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

SNSを見て旅に行きたくなる人は87.1%【旅行におけるSNS利用調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/06/04 15:30

 フォートラベルが行った調査によると、SNSを見て旅に行きたくなる人は約9割にのぼり、実際に旅へ行くのは60代が最も多いことがわかった。

 フォートラベルは、SNSが年代別にどのように利用されているのか、「旅」との関連性を軸に調査を行った。

 「SNSを見て旅行や外出をしたくなるか」を聞いたところ、全体の87.1%が「旅行や外出をしたくなる」と回答。結果を年代別でみても差はなく、どの年代も8割以上が「SNSを見て旅行や外出をしたくなる」と回答。

 しかしながら、実際にするかどうかについては、年代ごとに大きな差がみられた。SNSを見て実際に旅行・外出をする人は「60代以上」が最も多く、78.3%にのもった。SNSによる情報が、旅行や外出の需要喚起になっているようだ。

 一方、「20代」については、「実際に出かけることがある」人は62.5%と、年代別では一番低い結果に。全世代でSNSが旅への興味関心に強く影響していることが伺えるが、実行するかどうかは年代で開きがあるようだ。

 旅行中のアクションとして、スマートフォンを持っている人に「旅行中スマートフォンを利用してどんなことをするか」と聞いたところ、もっとも多かったのは「写真撮影・記録」(69.1%)。続いて「メールチェック」(64.0%)、観光地やレストラン、交通・気象情報などの「現地情報の検索」(62.3%)の順となった。また、「SNSで現地情報を共有」する人は30.5%に留まった。

【調査概要】
調査期間:2013年3月14~20日
調査対象:フォートラベル会員
有効回答:1,375件

【関連記事】
ドコモ、JTBと共同でスマホ向け旅行サービス提供
「旅行」関連の人気サイトランキング(2013年04月)
日本人旅行者の7割が「モバイル予約が有効」、しかし宿泊施設の現状は?
JTB、2013年の旅行動向見通し発表~週末3連休3回増加の影響は?
グーグル、2012年旅行系キーワード検索動向発表~検索ボリュームは前年比15%増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5