MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

リリース後1週間で20万ダウンロード超、女子にささった“全部のせ”コラージュアプリ「cameranコラージュ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/07/09 11:00

 スマホで撮った写真をコラージュして、自分だけの“かわいい”を表現することに夢中な子たちが増えています。そんな女の子に人気の写真アプリ「cameranコラージュ」のアートディレクター北澤美紀さんに、三橋ゆか里さんがインタビュー。進化する“かわいい”の世界に迫ります。

かわいいものにハングリーな女の子のためのアプリ「cameranコラージュ」

 女の子のスマホのホーム画面を見せてもらうと、年代を問わず必ずといっていいほどあるのが写真アプリ専用のフォルダ。どれかひとつの写真アプリではなくて、複数併用のためにフォルダにまとめて入ってる。自分が思い描く“かわいい”を形にするためなら、一枚の写真に使うアプリの数が増えたってかまわない。女の子たちは、かわいいに対してどこまでもハングリー。

 すでに飽和状態ともいえる写真アプリ市場にあらたに乗り込んだのが、リクルートのメディアテクノロジーラボが手がける「cameranコラージュ」。リリースから約1週間で20万ダウンロードを突破し、みごとに女の子たちのハートを射止めてる。『sweet』や『InRed』などのファッション誌、また「MERCURYDUO」など人気ブランドとコラボして、その世界観で写真加工やコラージュを楽しむことができるのが特徴。“かわいい”のために「あれもほしいこれもほしい」女の子たちに、「それ全部叶えます」のワンストップ・ソリューションを提供してる。

 今回は、そんなcameranコラージュのアートディレクターで、自身もコラージュニストの北澤美紀さんにお話を伺ったよ。

写真加工は複数アプリが当たり前

 毎日、そして頻繁に行う写真加工だけれど、それをひとつのアプリで完結させている子はむしろ少ない。女の子にとって、加工アプリの併用は当たり前。Twitterで「コラージュ アプリ」などと検索しても、友達やフォローしている人が投稿したかわいい画像に対して、「なんのアプリを使ってコラージュしてますか?」などと質問を投げかけている様子が見られる。アメブロやTwitterなどに、スクリーンショットとともに加工に使っているアプリを紹介しているような子も珍しくないそう。

 「加工はInstagram、切り抜きはPapelook、スタンプはDecopicといった感じに使い分けてる女の子も多いようです。女の子たちはかわいいのための労力を惜しまないんです。そんな彼女たちのために、ありとあらゆる機能をひとつにして提供しているのがcameranコラージュです。ひとつのアプリで済むから楽チン!という声がたくさん寄せられています。」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 三橋ゆか里(ミツハシ ユカリ)

     ライター・記者。 オンラインショップ、UIコンサルティング会社、Web制作会社等を経て2009年に独立。日経デジタルマーケティング、TechWave、Tech in Asia(英語)などで執筆。また、女性誌のウェブサイトやスマホアプリ紹介の記事も手がける。アジアのITニュースが集まるS...

関連リンク

バックナンバー

連載:三橋ゆか里の「女性向けマーケティング☆ア・ラ・モード」

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5