MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

10代の7割「LINEがないと困る」/40代の6割「Facebook利用時は気を遣う」【主要SNS利用実態調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/02/04 09:45

 ジャストシステムが行った『SNSに関する調査』では、10代の約7割の人が「LINE」はなくなったら最も困るツールと回答した。

 ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、『SNSに関する調査』を実施した。

10代の7割、「LINE」がないと困る

 「Facebook」「Twitter」「LINE」のうち、なくなったら最も困るツールは「LINE」で49.0%と半数近くの人にとって、なくてはならないツールとなっていることがわかった。特に10代は67.0%と約7割の人が「LINE」はなくなったら最も困るツールと回答した。

「Facebook」利用時は「気を遣う」、40代が最も顕著に

 48.8%の人が、「Twitter」「LINE」よりも「Facebook」を利用するときの方が気を遣うと答えた。年代別で見ると40代が最も顕著で、59.5%の人が「気を遣う」と回答。

「Facebook」は「投稿ネタとなるきっかけがないと投稿しづらい」

 投稿ネタになるような出来事がないと使いにくいサービスとして最も回答が多かったのは「Facebook」(37.8%)だった。年代別に見ると10代でその傾向が強く、58.8%の人が「Facebook」は投稿ネタと使える出来事がないと投稿しづらいと回答。

10代の3割、「LINE」の内容を同時に「Twitter」に広げる

 「LINE」のチャット内容を同時に「Twitter」に広げた経験(サービス同士を連携させての同時投稿ではなく、併用してコミュニケーションすること)があるかについてたずねたところ、22.2%の人が「ある」と回答した。10代では30.9%と3割以上の人が経験があるようだ。

【調査概要】
調査期間:2014年1月22~23日
調査対象:Fastaskのモニタのうち、事前のスクリーニング調査で「Facebook、Twitter、LINEのすべてを利用している」と回答した1都2府4県の10代~40代の男女680名

【関連記事】
朝日新聞社、エンタメSNS事業へ参入
PR TIMES、PRやSNS投稿のネタ探しができるアプリ「PRカレンダー」リリース
SNSのプロフィールに自分の写真を使うことに抵抗感、最多は40代女性で約8割
スマホ保有率は46.1%~スマホでのSNS利用経験率は7割超えに
電通、マラソンxSNSx広告サービス「SOCIAL_MARATHON」開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5