MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

テレビドラマを録画してみる人は7割超/50~60代も5割以上がスマホ等でテレビをながら視聴【CCC調査】

2014/05/15 12:00

 CCCが実施した調査から、現在放送しているテレビドラマで最も多くの人が視聴しているのはTBS木曜ドラマ劇場「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」であることがわかった。

 カルチュア・コンビニエンス・クラブは、Tカードを利用している男女1,408名のT会員を対象に『ドラマに関するアンケート調査』を実施した。

今春シーズンで見ているテレビドラマ

 現在放送しているテレビドラマの視聴状況を聞いたところ、一番多くの方が視聴しているテレビドラマは、TBS木曜ドラマ劇場「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」(22.1%)となった。それにNHK連続テレビ小説「花子とアン」(21.6%)、TBS金曜ドラマ「アリスの棘」(19.4%)、NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(18.6%)、日テレ水曜ドラマ「花咲舞が黙ってない」(17.4%)と続いた。

 性年代別で見てみると、一番よく見られているテレビドラマは、男性10~20代では「花咲舞が黙ってない」(17.5%)、女性10~20代では「アリスの棘」(21.9%)、男性30~40代では「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」(19.4%)、女性30~40代も同じく「MOZU Season1~百舌の叫ぶ夜~」(26.7%)、男性50~60代では「花子とアン」(27.4%)、女性50~60代も同じく「花子とアン」(35.6%)であることがわかった。

テレビドラマの視聴スタイル~録画して見る人は7割超

 テレビドラマの視聴スタイルについて聞いたところ、「テレビを録画して見る」人が7割であることが明らかに。また、「テレビの放送時間に見る」人も半数以上となり、放送時間帯によってリアルタイムでの視聴と録画での視聴を使い分けているようだ。そのほかでは、「レンタルDVDショップでDVD等をレンタルして見る」(11.2%)、「インターネットの動画配信サービスを利用して見る」(7.1%)が視聴スタイルとして選択された。

50~60代以上でも5割以上がスマホ等でテレビをながら視聴

 テレビ視聴をしている場がどういった状況であるのかを聞いたところ、僅差で1位は「パソコン・携帯電話・スマートフォンを操作しながら見る」(63.2%)となった。特に男女10~20代ではそれぞれ7割以上が選択をしており、ケータイやスマホを見ながらテレビを見る若い世代が非常に多いことが明らかに。一方で、男女50~60代でも5割以上が「パソコン・携帯電話・スマートフォンを操作しながら見る」を選択。

 続いて2位は、「飲食をしながら見る」(63.0%)となり、女性10~20代と30~40代ではそれぞれ7割以上が選択した。そして3位は、「料理・掃除など家事をしながら見る」(30.6%)、4位は「出掛ける準備をしながら見る」(21.7%)、5位は「本・雑誌・新聞を読みながら見る」(21.5%)という結果。

【調査概要】
調査方法:インターネット(Tアンケート)
調査期間:2014年4月22~28日
調査地域:全国
調査対象:16~69歳の男女(T会員)
サンプル数:1,408名

【関連記事】
TBSグループ、データセクションと資本・業務提携~テレビとネットの連携強化
日本でもテストスタート!Twitterの「テレビ会話ターゲティング」
動画配信サービス「テレビ東京ビジネスオンデマンド」、会員3万人突破
「龍馬伝」「篤姫」など、NHKのテレビ番組800話以上が「Hulu」で追加配信へ
ペプシ、比較CMより桃太郎CMが人気【テレビCM人気ランキング2014年3月】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5