MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スライドメニューが右側にあるアプリが存在する理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/06/05 10:00

新連載「UIウォッチング」が始まります。スマートフォンサイトやアプリの「スライドメニュー」は、決まって左側に設置されていましたが、最近右側におくアプリが増えてきました。いったい何が起きているのでしょうか。

スライドメニューの位置は文字の流れが決めてきた

 日本語のWebサイトでは、たいていサブナビゲーションやスライドメニューが左側におかれています。なぜかというと、それは文字が左から右に流れているからです。文字が左から右に流れるので、情報の順序は左から右に流れるのが自然な関係となります。

 つまり、左にあるメニューを選択したあと、右にその情報が表示されるほうが、より自然に感じられるということです。それは、逆に文字が右から左へと逆に流れるアラビア語などのWebサイトと比較するとわかります。英語や日本語とは異なり、アラビア語のWikipediaではサブナビゲーションが右側にあります。

Wikipedia 日本語
Wikipedia 日本語
Wikipedia アラビア語
Wikipedia アラビア語

スライドメニューを右におく意味とは?

 スライドメニューは左側におかれることが自然であるにもかかわらず、このところ特にiOSのアプリにおいて、右側に配置する例が見られるようになってきました。

 例えば、facebookのiOSアプリは、以前は画面の左右両方をスライドメニューとして使っていましたが、今は左側のスライドメニューがなくなってしまい、右側(と固定フッターのひとつ)だけを使っています。

以前のインターフェース
以前のインターフェース1以前のインターフェース2以前のインターフェース3
現在のインターフェース
現在のインターフェース1現在のインターフェース2

 FlipboardのiOSアプリもスライドメニューが右側にあります(メニュータイトルはなぜか「コンテンツ」)。

 もちろん、左側にスライドメニューを持つものが圧倒的に多いのが事実です。ただ、facebookやFlipboardに見られるこの現象は、一口にイレギュラーなケースと切り捨てられない理由がありそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • 原田秀司(ハラダヒデシ)

    Webサイトやアプリの設計を行うインターフェースデザイナー、Webディレクター。また、TV画面で表示するインターフェースや、ゲームコントローラなどを使った設計なども行っている。自著『UIデザインの教科書』(翔泳社)

バックナンバー

連載:UIウォッチング ~マルチデバイス時代のインターフェースを考察する~

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5