MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

リクルートが「Air」シリーズのサービス拡充、「Airウェイト」「Airリザーブ」提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/12/01 09:00

 リクルートライフスタイルは11月27日、「Airレジ カンファレンス2014」にて、店舗の順番待ちユーザーと予約を管理する、2つのサービスを発表した。

 リクルートライフスタイルは「Airレジ カンファレンス2014」にて、新たな2つのサービス「Airウェイト」「Airリザーブ」を発表し、提供を開始した。「Airレジ」は2013年11月にサービス提供を開始した無料のクラウドレジアプリ。売上分析や在庫管理、顧客管理など、レジ周りのタスクをスマートデバイスで一元管理することが可能で、2014年11月には登録アカウントが10万アカウントを突破。また1年で10のパートナーとサービス提携している。

 新たに提供が開始された「Airウェイト」は、店舗の順番待ちをより円滑にするためのiPadアプリ。飲食店などで順番待ちをする際、来店者は人数などを入力し番号券を受け取る。その番号券のQRコードを読み取ると、現状の待ち人数がリアルタイムで表示される。さらに順番が近づくと呼び出しメールが届くという仕組み。店舗にとっては、ユーザーの来店時に離脱を防ぎ、待ち列のケアといった周辺業務の負担も解消ですることができる。

 「Airリザーブ」は、電話予約・直接予約・ネット予約を「一元管理」できるようになる予約管理システム。これにより、24時間の予約受け付けが可能になる。

 同カンファレンスにて、リクルートライフスタイル執行役員の大宮英紀氏は今後の展望について、「レジを使う可能性のある、すべての店舗様をご支援できると考えています。今回発表した新サービスと接続し、他社様のサービスと連携し、より便利に、より広い業務でご支援できる環境をご提供していきます。Air全体のサービスを通じて、世界も視野に入れ、商業活動をもっと簡単に、自由にすることを推進していきます」と語った。

【関連記事】
リクルート、電源完備、無料で利用できる会員制スペース「TECH LAB PAAK」を渋谷に開設
三越伊勢丹とリクルート、共同でECサイト『キノギフト』スタート
リクルート、「アドテクノロジーラボ」設立~Facebook社と連携し企業のマーケティング課題解決へ
リクルート、アニメレビューサイト「アニプラ」Web版公開
目指すは「スマート・スマート・スマート」ベルギービールウィークエンドが提供する顧客体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5