MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スマホゲームアプリをダウンロードしたきっかけ、最多は「スマートフォン広告を見て」【MMD研究所調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/01/05 09:30

 MMD研究所が実施した「2014年スマートフォンゲームの利用実態調査」から、ゲームアプリをダウンロードしたきっかけで最も多かったのは「スマートフォン広告を見てダウンロードした」だった。

 MMD研究所は、スマートフォンを所有している20歳以上の男女562人を対象に「2014年スマートフォンゲームの利用実態調査」を実施した。

テレビCMでみたことがあるスマートフォンゲームアプリTOP3

 スマートフォンを所有している20歳以上の男女562人を対象に、テレビCMで見たことがあるゲームアプリ(複数回答)について聞いたところ「パズル&ドラゴンズ」が52.7%と最多に。次いで「モンスターストライク」が34.5%、「白猫プロジェクト」が30.2%となった。

 次に、スマートフォンゲームで遊んだことがあるジャンル(複数回答)について聞いたところ、「パズル(37.0%)」「シミュレーション(19.8%)」「育成・箱庭(16.2%)」の順にランクインした。

 続いて、スマートフォンゲーム利用経験者(N=295)を対象に2014年ハマったゲーム(最大3つまで選択可能)について聞いたところ、「パズル&ドラゴンズ(25.4%)」「ディズニー ツムツム(12.5%)」「ぷよぷよ!!クエスト(11.5%)」という結果であった。

スマートフォンゲームアプリをダウンロードしたきっかけ

 スマートフォンゲーム利用経験者(N=295)を対象にゲームアプリをダウンロードしたきっかけ(複数回答)について聞いたところ、「スマートフォン広告を見てダウンロードした」が35.9%と最も多く、次いで「テレビCMを見てダウンロードした」が22.4%、「同僚や友人に勧められて自分でダウンロードした」が15.3%という結果だった。

女性の半数以上が、「毎日」スマートフォンゲームで遊んでいると回答

 スマートフォンゲーム利用経験者(N=295)を対象に、1週間のうちどれくらいの頻度でスマートフォンゲームをしているかを聞いたところ、「毎日」と回答した人は46.1%と最も多い結果に。これを男女別で見たところ、男性の40.4%、女性の52.1%が毎日ゲームアプリで遊んでいることがわかった。

遊んでいるスマートフォンゲームのタイトル数

 同時に遊んでいるゲームの数を聞いたところ、39.7%の人が「1~2個」と回答。これを男女別でみると、男性の33.0%、女性の45.7%が「1~2個」と回答し、半年前に実施した調査と同様男性より女性のほうが複数のタイトルで遊んでいることがわかった。

【調査概要】
調査期間:2014年12月11~13日
有効回答:562人
調査方法:インターネット調査
調査対象:スマートフォンを所有している20歳以上の男女

【関連記事】
ローソン、Googleの位置情報ゲーム「Ingress」と全面タイアップ、全店舗をポータル登録
ロッテ、ガムが5人のイケメンに擬人化した「ガム彼!」公開~人気声優を起用、恋愛ゲームも楽しめる
アドウェイズ、ゲームデベロッパーの海外進出を支援する新サービスを開始
ゲームでPontaポイントを獲得&デリバリー商品の注文も!O2Oアプリ「デリバリープラネット」
ミクシィ「モンスターストライク」、ゲームプレイ動画共有機能を搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5