MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Time社、スタイリストが洋服を選んでくれる「Keaton Row」に出資、雑誌メディアのEC強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/01/26 14:00

 Time社は、スタイリストが洋服を選んでくれる、ソーシャルコマース・マーケットプレイスの「Keaton Row」に出資した。

 Keaton Rowは、ユーザーがあらかじめ自分の好みを登録し、マッチングしたスタイリストが洋服をコーディネイトしてくれるサービス。登録ユーザーは4万以上。2000人以上のアクティブで経験豊富なスタイリストが登録している。ユーザーはスタイリストに対してお金を払う必要はない。スタイリストがキュレーションした商品をユーザーが購入すると、そこから手数料を受け取る仕組みだ。

 創設者であるCheryl HanとElenor Makは友人で、ともにハーバード・ビジネス・スクールの卒業生。2013年1月にKeaton Rowを立ち上げ、現在そのプラットフォームではShopbop、ASOS、 Les Nouvellesといったリテール・パートナーを通じて数百ものブランドからキュレーションすることができる。

 今回、Time社はKeaton Rowへの投資ラウンドのシリーズAのリード・インベスターとして出資。ほかにMenlo Ventures、Rho Capital、Grape Arbor Ventureらが参加している。出資を受けて、Keaton Rowは、ユーザーとスタイリストの対話などユーザー経験を含めたサービス改善と強化を行う。

 Time社はInStyle、Peopleといったファッション誌を発行し、ウェブサイトも展開。同社のクロス・プラットフォームのオーディエンスは2100万以上。InStyleのウェブサイトは、紙の雑誌の読者の83%がショッピングのアドバイスとして引用している。Time社はKeaton Rowを自社メディアブランドのeコマースの機会拡大に活用したい考えだ。

【関連記事】
マガシーク、近鉄百貨店と共同でファッション通販サイト「HARUKASTYLE」オープン
ZOZOTOWNでファッション誌150誌を販売、アウトレットショッピングサイトは終了
ファッションアプリ「iQON」、電通と連携し女性向けブランディング広告事業スタート
毎日提案を受けられる男性用ファッションコーディネートアプリ「ベストスタイルミー」
コンデナスト、160万のオーディエンス増で雑誌業界トップの成長率

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5