MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

約8割が「スマホ依存」を自覚/デジタルデトックス実践者は5%に満たず【MMD研究所調べ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/05/14 10:30

 MMD研究所が実施した「スマホ依存に関する調査」から、約8割の人が「スマホ依存」を自覚しており、特に20代の4割は「かなり依存している」と回答していることがわかった。

 MMD研究所は、スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女562人を対象に「スマホ依存に関する調査」を実施した。

約8割が「スマホ依存」を自覚

 スマートフォンに依存していると思いますか?という質問をしたところ、「かなり依存している」が28.5%、「やや依存している」が52.0%と合わせて80.5%の人がスマートフォンに依存していると回答した。

 年代別で見てみると「かなり依存している」「やや依存している」を合わせた割合が10代は84.2%、20代が86.6%、30代が80.0%、40代が81.6%となり、50代未満の年代の8割以上がスマートフォンに依存していると回答した。

一日の中でスマートフォン利用している時間帯は?

 一日の中での利用頻度を聞いたところ、「よく利用する」「たまに利用する」を合わせて最も多かった項目は「帰宅してからベッドに入る前まで」が91.1%に。次いで「ベッドに入ってから寝るまで」が76.3%、「職場もしくは学校の休憩時間」が68.3%となった。

デジタルデトックスの認知度は2割超

 「デジタルデトックス」という言葉を知っていますか?という質問をしたところ、「知っている」が8.9%、「名前は聞いたことがあるが意味はわからない」が13.3%となり、合わせて22.2%の人がデジタルデトックスという言葉を知っていることがわかった。

デジタルデトックス:IT依存症を防ぐため、デジタル機器から一定期間離れる取り組みのこと。

 続いて、デジタルデトックスの意味を説明したうえで、「デジタルデトックス」はあなたに必要ですか?という質問をしたところ、「必要で実践している」と回答した人は2.8%、「必要だと思うが実践できていない」と回答した人が31.7%となった。年代別では、10代の38.6%、20代の38.4%がデジタルデトックスを必要だと思うが実践できていないことがわかった。

「テキストサム損傷」の認知度は約半数

 「テキストサム損傷」について聞いたところ、「知っている(テキストサム損傷になったことはない)」が35.4%、「知っている(テキストサム損傷になったことがある)」が5.2%、「名前は聞いたことがあるが意味はわからない」が9.8%という結果が得られた。

テキストサム損傷:長時間スマートフォンを小指で支え続けると変形してしまうこと。

【調査概要】
調査期間:2015年5月8~9日
有効回答:562人
調査方法:インターネット調査
調査対象:スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女

【関連記事】
スマホからの「グルメ/飲食店」サービスの利用動向は?【ニールセン調査】
スマホ版ヤフーのトップページ&アプリが刷新!新たな広告メニューをリリースし、収益拡大を目指す
ビズリーチの学習アプリ「zuknow」、受験生のスマホ勉強をサポート~学研教育出版のコンテンツ提供
調査ニュースサイト『しらべぇ』、月間1,000万PVを突破~スマホアプリをリリース
スマホ版「Yahoo!ニュース」、リッチ広告フォーマット「プライムカバー」リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5