MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

売上250%増 「いいね!」の数によって割引率をUPする、目からウロコのFacebook施策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 小売店のセールや割引は店舗の都合で決まるもの。そんな常識をルーマニアのスーパーマーケットが覆しました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

キャンペーン概要

 時期:2015年
 国名:ルーマニア
 企業/ブランド:BILLA
 業種:小売

「安いものを買う」から「ほしいものが安くなる」へ

 世界中の優れたマーケティング活動に対して授与される「エフィー賞」の銅賞を受賞した、ルーマニアの大手スーパーマーケット「BILLA」のデジタル施策をご紹介します。

 運用しているFacebookページを、上手く販売促進につなげられていないことが課題だったBILLA。そこで同社が打ち出したのが、ソーシャルカタログというアイディアです。

 通常よくあるオンラインカタログと異なるのは、ここに掲載されている商品には、「いいね!」がつけられるようになっている点。「いいね!」の数が多ければ多いほど、割引率が上がっていくという仕掛けが施されているのです。

 対象商品は毎日追加され、カタログの内容は、BILLAのFacebookページにリアルタイムで反映されます。お客さんは、割引価格で購入したいと思う品に対して「いいね!」をクリック。商品がカタログに掲載されてから24時間以内に押された「いいね!」の数によって、値段が決まるという仕組みです。

 このプロモーションの結果、Facebookのエンゲージメント率は2,200%も上昇し、最大の競争相手のページと比べてシェア数は7倍を達成。そしてカタログに掲載した商品の売り上げは250%の伸びを見せたそうです。

 “人気のバロメーター”という意味合いで捉えられることの多かった「いいね!」を、商品の販売に直結させたユニークな活用法。ちょっとした発想の転換で売り上げを伸ばすことに成功した、秀逸なプロモーションでした。

動画はこちら

 

先週の紹介キャンペーン

 話題の音楽画像認識アプリ「Shazam」を活用した、コカ・コーラゼロの“飲める広告”

 記事転載元:AdGang

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載: 「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5