MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2015年上半期でよく利用されたアプリのジャンルは?ゲーム・動画は増加、SNSは減少傾向に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/07/28 19:00

 MMD研究所は「2015年上半期スマートフォンアプリコンテンツに関する調査」を実施。2015年上半期で1番利用されたアプリのジャンルは「ゲーム」であることがわかった。

 MMD研究所は、スマートフォンを所有する20歳以上の男女563人を対象に「2015年上半期スマートフォンアプリコンテンツに関する調査」を実施した。

2015年上半期に利用したアプリのジャンルは「ゲーム」

 2015年1~6月の期間によく利用したアプリのジャンルを聞いたところ「ゲーム」が16.5%と最も多く、次いで「SNS」が16.3%となった。2013年、2014年に行った同様の調査と比較すると「ゲーム」「動画」の利用がそれぞれ増えているのに対し、「SNS」の利用は減少していることがわかった。

最も利用したアプリ:「ゲーム」「SNS」「動画」2013年からの推移

「Instagram」の利用率が最も増加

 SNS/コミュニケーションサービスの利用について聞いたところ、「現在利用している」という回答が最も多かったのは、「LINE」で66.6%、次いで「Facebook」が47.4%、「Twitter」が35.3%という結果となった。なお、昨年の同様の調査と比較すると「Instagram」の利用率が最も増えており、6.6ポイント増となった。

現在利用しているSNS/コミュニケーションサービス

OS別で利用率が大きく異なったプリインストールアプリの「メッセージ」「ミュージック」

 スマートフォンに元々入っていたアプリ(プリインストールアプリ)の利用についてOS別で聞いたところ、iOS(N=254)は「インターネット」が88.2%で最も多く、次いで「メール」が87.0%、「電話」が84.3%となった。一方Android(N=309)では「メール」が90.0%、「カメラ」が87.1%、「インターネット」が85.1%となった。

 また、OS別で利用率が大きく異なる結果となったアプリは「メッセージ」でiOSでは72.4%、Androidでは36.2%となり、続いて「ミュージック」がiOSでは57.9%、Androidでは34.0%という結果となった。

iOSのプリインストールアプリの利用状況
Androidのプリインストールアプリの利用状況

【調査概要】
「2015年上半期スマートフォンアプリコンテンツに関する調査」
調査期間:2015年7月10~11日
有効回答:563人
調査方法:インターネット調査
調査対象:スマートフォンを所有する20歳以上の男女

【関連記事】
ショーケース・ティービー、O2O用スマートフォンアプリ構築サービス「Go!Store」の提供を開始
ユナイテッドのSSP「AdStir」、スマートフォン動画広告メディエーション機能を搭載
Glossom、「GREEニュース」でスマートフォン向けブランド広告の提供を開始
CyberZ、スマートフォン特化型広告バナー分析ツール「CREATIVE BOX」リリース
意外に低い?タクシー・ハイヤー配車アプリの利用経験者は約7%【車とスマートフォンに関する調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5