MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

あなたは定期購読誌『MarkeZine』に何を期待しますか?――創刊記念パーティをレポート

2015/12/14 08:00

 11月30日にMarkeZine編集部が開催した定期購読誌創刊記念パーティ、そのレポート第2回をお届けします。今回は来場者の方々から頂戴した祝辞を紹介、期待の高さを間近に感じるお言葉をいただきました。

 定期購読誌『MarkeZine』が2016年1月に創刊するにあたり、編集部では11月30日(月)に記念パーティを開催しました。多くの方々にご来場いただき、盛り上がったパーティのレポートをお届けします。第2回では、会場でいただいた皆さまのコメントを紹介。編集部一同、期待の声にお応えすべく、邁進いたします。皆さま、どうぞ今後ともご愛顧をよろしくお願いします。

レポート第1回はこちら

パーティの様子
パーティの様子

LINE 田端信太郎氏

LINE 田端信太郎氏

LINE株式会社 上級執行役員 法人ビジネス担当
田端信太郎氏

 定期誌『MarkeZine』の創刊、おめでとうございます。「Zine」と書くので紙があってもいいですよね。ウェブと紙、両方やった身として「紙をやるのはたいへんですよ」と創刊前にお話ししたのですが、編集部の皆さまの深い愛情の中で紙が出るんだと思うと感慨深いですね。紙のほうが誌面のレイアウトが自由で制約がないため難しいと思いますが、取材される側としては紙にも載せていただけるよう頑張ります。皆さま、ぜひよろしくお願いいたします。

花王 石井龍夫氏

花王 石井龍夫氏

花王株式会社 デジタルマーケティングセンター長
石井龍夫氏

 以前からウェブのMarkeZineは拝読していて、いろいろと勉強しています。紙の定期誌を出すというのは時代だなと感じました。出版社は雑誌が売れなくなってウェブをやる、というパターンが多いのですが、MarkeZineの場合はウェブの読者を増やして、次に紙を作るところにすごさがあると思っています。ただ、本当にすごいところがあるのかどうかは、これからどんな記事が掲載されるかにかかっていますが(笑)。やはり、フローで流れる情報と、ストックとして手元にきちんと持っておきたい情報があるでしょうから、デジタルメディアの中でそういう立場を作っていただきたいと思います。これから発行部数が上がり、ウェブの読者も増えることを期待しています。

日本オラクル 大山忍氏

日本オラクル 大山忍氏

日本オラクル株式会社 オラクルマーケティングクラウド本部
コンサルティング&エデュケーションサービス シニアディレクター
大山忍氏

 押久保さんとは10年来のお付き合いで、いまも非常に頼りにしております。定期誌に期待することは、日本のマーケットを活性化するためのデータや情報を出していただくことです。あと、15年くらいかかってようやくデジタルマーケティングが経営に必要だと理解されてきましたが、やはり日本の経営者に分かってもらえないとマーケットが発展しません。ですから、ウェブもありつつ、定期誌は紙だったら見てくれるような経営者層に必要とされるメディアに育ててもらいたいと思います。

カメラのキタムラ 逸見光次郎氏

カメラのキタムラ 逸見光次郎氏

株式会社キタムラ EC事業部 執行役員 EC事業部長
逸見光次郎氏

 このたびは創刊おめでとうございます。紙が厳しい時代に紙を出す心意気はすごいなと思います。個人的に期待するのは、いかにいまの小売を元気にできるかということです。一昔前は、小売の方はマーケティングをほかの部署がやる仕事だと考えていましたが、お客さんを理解して、アプローチして、リピーターを増やしていくことが小売の仕事です。そういう観点で、ネットだけでなくリアルも含めて突っ込んでいっていただけると面白いのではと思います。

アタラ 有薗雄一氏

アタラ 有薗雄一氏

アタラ合同会社 取締役 COO
有薗雄一氏

 『MarkeZine』定期購読誌の創刊、おめでとうございます。今回、私も創刊号に記事を書かせていただいておりますので、ぜひ読んでいただければと思います。

KAIZEN platform 須藤憲司氏

KAIZEN platform 須藤憲司氏

KAIZEN platform, Inc. Co-founder & CEO
須藤憲司氏

 果敢にも定期誌を創刊されるということで、おめでとうございます。私もキャリアは雑誌のマーケターから始まっていますので、非常に勇気があるなと感じました。紙ならではの情報を発信できると思いますから、とても期待しています。

グライダーアソシエイツ 荒川徹氏

グライダーアソシエイツ 荒川徹氏

株式会社グライダーアソシエイツ COO
荒川徹氏

 『MarkeZine』創刊、おめでとうございます。紙は誌面から温かみを感じますので、紙とウェブとリアルを融合するような取り組みに期待しています。

ゼロスタート 山崎徳之氏

ゼロスタート 山崎徳之氏

株式会社ゼロスタート 代表取締役社長
山崎徳之氏

 当社はMarkeZineにとてもお世話になっています。お仕事の大半がMarkeZineを見たお客さんからのお問い合わせから受注に至っているからです。ますます発展して、今後もどんどんお役に立てればと思います。

fluct 小澤昇歩氏

fluct 小澤昇歩氏

株式会社fluct 取締役
小澤昇歩氏

 今回は創刊おめでとうございます。最近MarkeZineに記事が掲載されたんですが、編集がとてもいいですよね。やはり編集がお金を出す価値なんです。素人が書くものとは違う、プロが編集した記事を楽しみにしていますので、今後ともご活躍を期待しています。

『MarkeZine』定期購読はこちら 創刊準備号 Kindle版

定期購読誌『MarkeZine』創刊号の目次(仮)はこちら!

巻頭インタビュー

日本の広告市場形成を牽引する 電通の次なる一手
   株式会社電通 佐伯諭氏

業界キーパーソンに聞く、2016年のマーケティング戦略

デジタルマーケティングは マーケティング全体を最適化する
   花王株式会社 石井龍夫氏

EC企業ならではのリアル店舗のつくり方とは? オイシックスが見据えるオムニチャネル戦略
   オイシックス株式会社 奥谷孝司氏/西井敏恭氏

キーパーソン30人に聞く、2016年の注目キーワード

30社のキーパーソンに、2015年の振り返りと、2016年に新たに取り組みたいこと・注目キーワードについて聞いた

株式会社アイ・エム・ジェイ 江端浩人氏
アサヒビール株式会社 馬場崇暢氏
アドビシステムズ株式会社 佐分利ユージン氏
アビームコンサルティング株式会社 本間充氏
株式会社VASILY 金山裕樹氏
株式会社キタムラ 逸見光次郎氏
株式会社クックパッド 沖本裕一郎氏
KDDI株式会社 塚本陽一氏
サッポロビール株式会社 鈴木雄一氏
スターツ出版株式会社 田沼和義氏
株式会社スタートトゥデイ 清水俊明氏
スマートニュース株式会社 松岡洋平氏
全日本空輸株式会社 西村健氏
ソフトバンク株式会社 岩本嘉子氏
大和ハウス工業株式会社 大島茂氏
株式会社東急ハンズ 緒方恵氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 山口有希子氏
日本オラクル株式会社 大山忍氏
日本マイクロソフト株式会社 松田恵利子氏
株式会社パルコ 島袋孝一氏
株式会社ビズリーチ 青山弘幸氏
株式会社マルケト 福田康隆氏
株式会社メルカリ 鋤柄直哉氏
森永乳業株式会社 寺田文明氏
ヤフー株式会社 友澤大輔氏
ライオン株式会社 中村大亮氏
楽天株式会社 田島由美子氏
株式会社リクルートジョブズ 板澤一樹氏
株式会社良品計画 川名常海氏
株式会社ワコール 北見裕介氏>

業界最新動向

   MarkeZine編集部

私のキャリア

心を動かし、お客様の思い出に残るコミュニケーションを
   キリン株式会社 髙柳裕行氏

次世代マーケティング教室

インダストリー4.0のパラダイムシフトを見越した新しい消費行動モデル「Dual AISAS Model(R)」
   アタラ合同会社 有園雄一氏

米国最新事情レポート『DI. MAD MAN Report』

米国で先んじて実現か テレビにネイティブアドが登場する世界
   株式会社デジタルインテリジェンス 榮枝洋文氏

愛されオウンドメディアの育て方

失敗から学ぶユーザー目線のコンテンツ制作
   ガシー・レンカー・ジャパン株式会社 藤原尚也氏

データで読み解く

生活者が本当に意識している広告媒体とは
   マクロミル株式会社

Book Navigator

株式会社情報工場「SERENDIP」

マンガ超訳 マーケティング用語

DMPとは?
   MarkeZine編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5