MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

“手紙離れ”に待ったをかける! オランダ郵便局によるバレンタイン限定“キス切手”プロジェクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 「若者の●●離れ」とはよく言われますが、手紙もその一つかもしれません。オランダの郵便局は、あるロマンティックな施策によって、郵送件数283%増を達成させました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

キャンペーン概要

 時期:2015年
 国名:オランダ
 企業/ブランド:PostNL
 業種:郵便局

手紙だからこそ、ダイレクトに伝わる熱ってありますよね

 メールやSNSの普及によって、即座に連絡を取り合えるようになった昨今、手紙離れは深刻化し、今や多くの若者世代にとって“Mail”は“郵便”ではなく“電子メール”を意味するものとなりました。

 そんな中オランダの郵便局「postNL」は、手紙ならではのぬくもりを今一度若者世代に訴求するために、2015年のバレンタインデーに“キス切手”キャンペーンを実施し、大きな成功を収めました。

 postNLが実施した“キス切手”キャンペーンとは、“キスマーク”が“切手”の替わりになるというもの。

 通常、手紙は切手を貼って投函しますが、バレンタインデー前日の2015年2月13日に限り、バレンタインデーカードを送る際に、切手添付箇所に“キスマーク”を押印して投函すれば、翌日2月14日のバレンタインデー当日に愛する人のもとへ配達してくれるというのです。

 郵便局では、機械が次々に“キス切手”を感知し、自動的に仕分けする作業が行われました。

 

 プレスリリース、オンライン動画、ツイッターなど限られた予算内での事前予告であったにも関わらず、キャンペーンは多くの若者にリーチすることに成功。

 結果、2014年のバレンタインに比べて、2015年のバレンイタインデーカードの郵送件数は283%増加し、また本物の“切手”を添付したハガキの郵送件数も40%増加しました。

 送りたい時に即座に送ることができる“電子メール”も便利ですが、多少時間がかかっても愛とぬくもりを感じることができる直筆で書かれた“手紙”の良さを、愛のメッセージを伝えるバレンタインデーに再認識することができたバレンタイン“キス切手”施策でした。

動画はこちら

 

先週の紹介キャンペーン

 強盗被害に遭った防犯カメラ映像を広告に! 逆境をチャンスに変える、米タコス店の衝撃バイラル動画

 記事転載元:AdGang

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

関連リンク

バックナンバー

連載: 「AdGang」が選んだ今週の一押しキャンペーン

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5