MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「コカ・コーラ」ブランドが新グローバルマーケティング「ワンブランド」戦略を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/01/21 09:30

 「コカ・コーラ」ブランドは、グローバルマーケティング戦略「ワンブランド」戦略のもと、「Taste the Feeling」を新たなタグラインに掲げたコミュニケーションキャンペーンを世界200以上の国や地域で実施する。

 「コカ・コーラ」ブランドは2016年1月から世界一斉に新しいマーケティング戦略を立ち上げ、「Taste the Feeling」を新たなタグラインに掲げたコミュニケーションキャンペーンを行う。グローバルキャンペーンは2009年開始の「Open Happiness」(ハッピーをあけよう。)から7年ぶりの刷新となる。

「Taste the Feeling」のキービジュアル
「Taste the Feeling」のキービジュアル

 これは、ザ コカ・コーラカンパニーの最高マーケティング責任者マルコス・デ・クイント氏が1月19日、グローバルマーケティング戦略「ワンブランド」戦略を発表したことによるもの。

 「ワンブランド」戦略とは、コカ・コーラ社創業以来初めて、「コカ・コーラ」、「コカ・コーラ ゼロ」、「コカ・コーラ ライフ」、「コカ・コーラ ライト」/「ダイエット コカ・コーラ」を「コカ・コーラ」の下に統合し、世界で共通した1つのクリエイティブキャンペーンを展開するもので、2016年1月を皮切りに世界200以上の国や地域で実施が予定されている。これを受け、日本では、「Taste the Feeling」に“味わおう、はじけるおいしさを。”というコピーを添えて、わかりやすく訴求していく。

 「Taste the Feeling」のクリエイティブキャンペーンは、どの「コカ・コーラ」製品でも得られる、それを飲む純粋な喜びが特別なひとときをもたらす、というイメージを訴求するもの。「コカ・コーラ」が持つブランド価値の原点に立ち返り、製品を中心に据えて、手にした瞬間を捉えるものとなる。また、全クリエイティブに必ず白のスペンサーロゴと赤いディスクロゴが必ず登場する。

 加えて日本では、グローバルキャンペーンのコンセプトに沿って独自に「はじめてのコークの味、覚えてる?」を展開。著名人によるビジュアル展開やTwitterプロモーション、スーパーマーケットでの大規模サンプリングなど多角的なアプローチを行う。

【関連記事】
コカ・コーラのネームボトルキャンペーンがパワーアップ、今年は自動販売機も活用
大日本印刷と北海道コカ・コーラ、近づくと情報を発信する自販機の開発に向けた実証実験を実施
クリエイターズマッチ、ロゴデザイン等すべてのビジュアルブランディングを一新
キュレーションマガジン「antenna*」、ロゴを刷新!コンテンツ改編で提携メディアを精鋭化へ
スマホ版ヤフーのトップページ&アプリ刷新!新広告メニューをリリースし、収益拡大を目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5