MarkeZine(マーケジン)

記事種別

“データサイエンティスト=特殊な仕事”ではない、誰もがなれる「問題解決型」データサイエンティストとは

2016/05/31 10:00

 スマートフォンの普及やIoTによって、データ収集の世界が劇的に変わりつつある。その活用においても大きな変化が現れている。つまり、専門的で限定的だったものから、一般的で多様なものになっているのだ。この動きを牽引するのは、利便性の高い分析ツールの登場であり、それらを駆使する「データサイエンティスト」の存在だ。その活躍の場、必要なスキル、学び方まで、「データサイエンティスト」の“今”について紹介しよう。

「データサイエンティスト」とは何者か

 ビッグデータ時代の今、データサイエンティストの存在がビジネスに不可欠だと誰もが感じているだろう。一方で、どんな仕事をするのか、何が能力として求められるのか、具体的にイメージできる人は多くはない。はたして「データサイエンティスト」とは何者なのか。

 「多くのかたがデータサイエンティストを“特殊な仕事”と考えています。そろそろ、その認識を改めた方がいいかもしれません」そう語るのは、立教大学経営学部で教鞭をとる佐々木宏氏だ。

立教大学 経営学部 教授 佐々木宏氏
立教大学 経営学部 教授 佐々木宏氏

 佐々木氏は経営コンサルタントとしての経歴を持ち、現在は大学教授としてビッグデータやIoTなど新しいテクノロジーの普及過程を研究しつつ、学生に対してマーケティング・リサーチ手法を教えている。長きにわたり、ビジネスと学術の両現場でデータ活用に携わってきた人物だ。

 「かつての企業とデータの関係を振り返ると、データアナリストあるいはリサーチャーなどと呼ばれる、ごく少数の専門家が各部門の依頼に応じてデータを整理・分析し、結果をレポートにまとめ、経営陣などへ提案する。一般に、こういう形で業務を遂行してきました。

 もちろん、この形態もまったく無くなったわけではありませんが、これから求められるデータサイエンティストは、もっと身近で現場に近い存在でしょう。デジタルデータが氾濫している今日、これまで以上に期待が高まる職種であることは間違いありません」(佐々木氏)

需要高まる「問題解決型データサイエンティスト」

 データサイエンティストとはどのような職業か。新しいアルゴリズムやツールを開発し、世の中を変革するプロフェッショナル『イノベーター』が存在する。いわば0から1を作り出すトップレベルの仕事だ。他にも、現在、需要が高まっている存在として『問題解決型』データサイエンティストがあげられる。こちらは、ビジネスの現場で起きている課題解決の糸口を、データ分析からから見つけ出すことを主とする。

 「問題解決型データサイエンティスト」が求められる背景には、あらゆる“モノ”から多様で大量なデータを、リアルタイムかつ誰もが容易に取得できるものになってきているという環境の変化がある。

 これらのデータはまさに「宝の山」であり、その中からビジネスの鍵となる「宝石=真実」を実務にいち早く役立てることが期待される。さらに、データの収集や分析のツールも増え、技術やコスト面でのハードルが格段に下がってきた。

 つまり、一般のビジネスマンでも専門家に依頼せず、自身で分析し、解を得られる時代になってきたというわけだ。では、「問題解決型データサイエンティスト」に必要なスキルにはいったいどのようなものがあるのか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5