MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「百度」が検索エンジンランキングで世界第3位、4強時代の始まり?【comScore調査】

2008/01/24 13:15

 米調査会社comScoreは、2007年12月の世界の検索ランキングで、中国最大手の検索エンジン「百度(Baidu.com)」がGoogle、Yahoo!に続いて世界第3位となったことを発表した。

 comScoreが発表した資料によると、2007年12月の世界の検索件数は662億件、そのうちトップ3は、Googleが413億件、Yahoo!が85億件、続いてBaidu.comが34億件。4位はMicrosoftで19億件となっている。各検索エンジンのシェアは、Googleが62.4%、Yahoo!が12.8%、Baidu.comは5.2%となっており、これまで3大検索エンジンの一角をになっていたMicrosoftのシェアは2.9%に下がっている。
 
 このデータは、1月23日に発表された、百度の日本国内での本格サービス開始に合わせて発表されたもので、百度が世界の検索市場を塗り替える可能性があることを示唆している。

【関連リンク】
中国から世界の検索市場へ、百度が日本向けサイト「Baidu.jp」を本格オープン
中国の高学歴ネットユーザー市場では、「Googleな人」と「百度な人」の割合は互角【CNNIC2007年検索市場レポート】
中国の女子大生がつくったウサギキャラをモトローラが採用
電通と華光広告、中国にインターネット広告会社を設立
【SEO】検索エンジンに翻弄されないサイトオーナーの処世術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

この記事もオススメ


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5