MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

CTC、トイレの空き状況を確認できる「IoTトイレ」を開発

2016/10/17 12:15

 伊藤忠テクノソリューションズは、トイレにセンサーを設置してリアルタイムに個室の空き状況を確認できるクラウドサービス「IoTトイレ」を開発。秋から都内のオフィスビル等の業務施設に向けて販売していく。

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は、トイレにセンサーを設置してリアルタイムに個室の空き状況を確認できるクラウドサービス「IoTトイレ」を開発。2016年4月から7月までの間、三井不動産と共同で、霞が関ビル内のトイレで実証実験を実施した。秋から三井不動産のオフィスビルやその他東京都内のオフィスビル等の業務施設に向けて販売していく。

IoTトイレのサービスフロー図
IoTトイレのサービスフロー図

 IoTトイレは、一定の時間帯に個室トイレの利用が集中することがあり、トイレの空き状況が効率的にわかるサービスとして開発された。同サービスは、発電パネルと無線が内蔵されているセンサーを使用して個室トイレのドアの開閉状態を判断し、PCやスマートデバイスから空き状況を確認できるもので、業務改善や問題解決につながるツール作成の社内コンテストから生まれた。

トイレのドアにセンサーを設置し、スマートデバイスで空き状況を確認
トイレのドアにセンサーを設置し、スマートデバイスで空き状況を確認

【関連記事】
KDDI×よみうりランド、 IoTシューズを活用した体験型迷路アトラクションを開始
福岡市にIoTデバイスの体験ができるスマートホステル「&AND HOSTEL」オープン
ハウステンボスとNSW、IoT技術を活用した「スマートゴミ箱」の実証実験を開始
ブリヂストンサイクルとドコモ・バイクシェア、折り畳み自転車やIoT活用した付属分を共同開発へ
人工知能のABEJA、IoTのウフルと業務提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

この記事もオススメ


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5