MarkeZine(マーケジン)

記事種別

アポ獲得率3倍、メール開封率5.2倍! マルケトユーザー会で明かされた先進ユーザーの成功ノウハウとは

2017/01/06 10:00

 2016年12月2日、第5回となる「Marketo ユーザー会」が東京で開催された。今年から立ち上がった分科会の活動報告や、製品の最新アップデート情報発表のほか、注目を集めたのが先進ユーザー事例。今回は、企業向けITサービス事業を営むHDEと、転職サイトなどを運営するビズリーチが、成功事例とそのポイントについて語った。

国内マルケトユーザーの熱意に米本社CEOも注目

 2016年12月2日、東京・千代田区で開催された「Marketo ユーザー会」、通称「JMUG」(Japan Marketo User Group)。5回目の開催となる今回は約250名の参加者が集い、マルケト製品の最新情報や他社事例、ノウハウ交換などの話に花が咲いた。

 イベントでは、まずJMUG会長のトレジャーデータ マーケティング担当ディレクターの堀内健后氏が登場し、JMUGの活況について報告した。

JMUG会長のトレジャーデータ マーケティング担当ディレクター 堀内健后氏(左)
マルケト 代表取締役社長 福田康隆氏(右)

 堀内氏によると、今年の大きな動きとして、複数の分科会が立ち上がったことが挙げられるという。分科会の目的は、「特定のテーマに対して関心を持つ人たちの情報交換を活性化すること」に加え、「マルケトユーザーが頻度高く集まれるように」という思いがあったそうだが、「分科会の中には約200名という大所帯もあり、なかなか集まれない」(堀内氏)と、分科会の盛り上がりに嬉しい悲鳴が上がっている。

 分科会は、マーケティング戦略立案をテーマにしたものからテクノロジーを議論するもの、またNPOや人材紹介のような業界特化型など、さまざまな会が発足し、活動しているという。現在も新たな分科会が誕生中とのことだ。

 また本年、JMUGではコミュニティサイトの日本語化にも着手。オンラインとオフラインの活動を活性化し、「JMUG未加入の国内約1,500人のマルケトID保持者に対し、JMUGへの加入を促進する」(堀内氏)と意気込みを語った。

 続いて登壇したマルケト 代表取締役社長 福田康隆氏も、初となる関西でのJMUGを11月に開催したと発表。先進事例やノウハウ共有を望むユーザーは全国的に増えており、「より有意義なJMUG作りに注力する」(福田氏)と語った。

 実際、2016年11月1日に米Marketo本社のCEOに就任したスティーブ・ルーカス氏も、今回のJMUGに寄せたビデオレターで日本市場とそのJMUGの重要性について触れ、会社として日本市場に注力していく方針を宣言していた。

 また、2017年度開始予定の新たなトレーニングコースについても発表。ある程度運用に慣れてきたユーザー向けに、レポート分析やPDCAの回し方などを解説する。さらに、導入後3ヵ月程度のユーザーに対するサポートプログラムも開始。これによりユーザーは、「導入」「運用」「改善」「活用」の全段階において、充実した教育プログラムを受けることが可能となる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5