MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ANA × NSSOL、「自走するPepperの空港案内」実現目指し宮崎で検証を開始

2017/02/15 12:00

 全日本空輸と新日鉄住金ソリューションズは、2月15日より、宮崎ブーゲンビリア空港内にて、人型ロボット「Pepper」の自走による空港案内の実現に向けた検証を開始する。

 全日本空輸(以下、ANA)と新日鉄住金ソリューションズ(以下、NSSOL)は、人型ロボット「Pepper」の自走による空港案内の実現に向けた検証を開始する。

検証に使用するPepperのイメージ。MSのヘッドマウントディスプレイ「ホロレンズ」を利用し位置情報を把握し、Pepperを自走させる。
検証に使用するPepperのイメージ。
MSのヘッドマウントディスプレイ「ホロレンズ」を利用し位置情報を把握し、Pepperを自走させる。

 これまでANAでは、Pepperに独自開発のアプリを組み込み、空港内の施設の場所等を音声または画像で案内するトライアルを行ってきた。

 現状では、Pepperは空港の出発ロビーや乗継カウンターで静止した状態で案内を行っているが、Pepperの自走が実現すると、時間によって案内を実施する場所を変更することが可能となる。また、将来的には移動しながら顧客に情報を案内するなど、担当業務の幅が広がり、より旅客係員に近い業務が期待できる。

 そこで今回、NSSOLが開発した空港内の位置情報を元にPepperを自走させる仕組みを利用し、宮崎ブーゲンビリア空港内にてPepperの自走による空港案内業務の実地検証を行う。

【関連記事】
顧客の味覚を分析して、好みに合ったお酒を紹介してくれる「Pepper」が登場
Pepperがあなたの生活を進化させる、一般販売モデルの新ロボアプリ提供開始
サイバーエージェントが「ロボットサービス事業部」新設、AIも活用
ソフトブレーン、IBM Watson×Pepperで人間に近い応対を実現するソリューションの提供開始
IMJ、交通系ICカードとPepperを連動させた 集客・購入促進サービスの提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5