MarkeZine(マーケジン)

記事種別

WACULの「AIアナリスト」、「異常検知分析」機能を追加 CVに影響及ぼす異常を発見

2017/08/07 08:30

 WACULのWebサイト分析の人工知能「AIアナリスト」に、新機能「異常検知分析」が追加された。同機能を利用すると、人工知能がWebサイトの異常を発見し原因とあわせて報告してくれる。

 WACULは、Webサイト分析の人工知能「AIアナリスト」に、Webサイトの異常を発見し原因とあわせて報告する新機能「異常検知分析」を追加した。

 同機能は、過去のWebサイトに関するデータの傾向を見て、サイトのデータが正常なのか異常なのかを判断。中でもCV(購入、問い合わせなど)への影響が大きい「知るべき異常」のみを報告する。また、長期に渡るゆるやかなCV減少など、人間には気づくことが難しい変化も見逃すことなく検知する。

 さらに、異常を知らせるだけはなく、その原因となった流入元と入り口ページを影響が大きい順に並べて教えてくれる。異常が発生した際すぐに問題を特定できるので、適切な対策をタイムリーに実行できる。

【関連記事】
Faber Companyの「MIERUCA」、AIがWeb記事の改善点を提案する機能をリリース
ケイ・オプティコム、「IBM Watson」を活用したチャットボットサポートを導入
パイプドビッツがピーシーフェーズとサービス連携~メールマーケティング×動画広告が可能に
AIやロボットを活用した最先端の「デジタル接客」に迫る/『MarkeZine』第19号
マクロミル、スマホファーストなアンケート画面を開発 回答満足度も向上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5