MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

外国人観光客の6割が「ウェブを見て情報収集」、英語サイトは必須?【アウン調べ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2008/11/21 12:10

 アウンコンサルティングがまとめた「訪日外国人のホテル・レストラン・観光地に関する意識および行動調査レポート」で、ウェブを通じて情報収集をする人が6割ちかくにのぼっていることがわかった。

 アウンコンサルティングは、訪日外国人の動機とその行動などについて10月に調査を行い、161人から有効回答を得た。まず、訪日に関する情報を収集した方法をたずねたところ、「WEBを見て」が圧倒的に多い59%で、ガイドブック、旅行代理店が続いている。

訪日に関する情報を収集した方法(複数回答)

 訪日外国人の7割が宿泊しているホテルについて調べたところ、宿泊先となったホテルのうち96%がウェブサイトを保有。そのうち、英語サイトは91%、中国語(簡体字)サイトは27%、韓国語サイトは24%となっている。

宿泊先ホテルのウェブサイトの多言語状況

 また、宿泊先のトップ10に入っているホテルのサイト状況を見ると、日本語サイト、英語サイトの保有率は100%。中国語(簡体字)サイトが40%、韓国語サイトが30%と続いている。

宿泊人気上位10ホテルの多言語状況

 各国言語に対応したサイトを用意するのは難しいものの、海外の観光客が多く利用するサイトでは英語はもはや必須、中国語・韓国語も要対応といえそうだ。

【関連記事】
百度とウィルコム、中国人訪日客向け「モバイル情報サービス」の共同展開を検討
ジャパンホッパー、外国人旅行者の集客に特化した検索連動広告を展開
7割の女性がネットで旅行情報を収集、「でもさすがに衛星写真はチェックしないよね」も7割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5