MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

大和ハウス工業とTOTO、トイレからパソコンに健康データを配信できる「インテリジェンストイレII」開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2008/12/24 15:05

 大和ハウス工業とTOTOは、尿糖値や血圧などを測定し、健康データの管理もできる「インテリジェンストイレII」を共同開発した。

 両社は2005年に「尿糖値」「血圧」「体脂肪」「体重」を測定できる「インテリジェンストイレ」を共同開発し、大和ハウス工業からすでに1万台を販売している。今回、新たに発売する「インテリジェンストイレII」は、従来の測定機能に加え、「尿温度(深部体温)」を測定し、従来機種の「体脂肪」に変わる新機能として、「BMI値)」の表示機能を搭載した。

トイレのデザインもさらにスマートになった「インテリジェンストイレII

 体の中心の体温を表す「尿温度(深部体温)」は、女性特有のホルモンバランスを知ることができるため、女性の月経の時期や排卵日の予測に役立ち、体重と身長から算出した人の肥満度を表す「BMI値」測定は、肥満やメタボリックシンドロームの予防、健康管理の目安となる。

 測定データはトイレ内とパソコンで把握することが可能となっており、トイレ内での「表示パネル」で日々の測定データ確認したり、2週間・6週間サイクルのデータや、女性の次回月経予定を表示することができる。長期間にわたる健康状態を把握するパソコンソフト「健康かんりくん」を使って、トイレで測定したデータをパソコンに自動送信し、日々の変化を週・月・年単位でグラフ化することもできる。

 「インテリジェンストイレII」には、「ロータンク・シリーズ」と「タンクレス・シリーズ」の2プランがあり、販売価格はサイズによって、35万円~53万円、35万円~61万円の2つの価格帯に分かれる。大和ハウス工業は、3年間で4,800台の販売を目指す。

【関連記事】
男性の「座りション派」が約50%に【トイレ使用実態調査】
今すぐ使えるトイレはどこ? 突発的ニーズにこたえるモバイル検索「スグソコ」オープン
大和ハウスとベネッセがコラボ、子育て重視の住宅プラン「ハッピーハグモデル」発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5