MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

レシピサイトの利用率は男性のほうが高い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2009/03/06 13:25

 節約や健康のために「にわか自炊派」も増えるなか、料理をつくるときにどんな情報を参考にしているのかについて、アイシェアが調査を行った。

 アイシェアは、料理をつくる際に何を参考にしているかを調査し、20代から40代を中心とするネットユーザー男女456名の回答を集計した。頻度にかかわらず自分で料理をしている人は全体の68.4%。女性では半数以上が「頻繁にする」と答え、料理をする人が85.0%にのぼる一方、男性では「まったく料理しない」が46.1%と、男女間の差が目立った。

料理をする頻度と性別(n=456)

 また年代別では、「頻繁に」料理している人の割合は年代が上がるほど高くなっている。

料理をする頻度と年代(n=456)

 料理をする人のうち、9割近くが料理をするときにレシピを参考にすることがあるとしており、女性では4人に1人が「頻繁に見る」と回答。若い年代ほどレシピを参考にする傾向がある。最も参考にしているレシピでは、「レシピサイト(PC版)」が性別、年代別を問わずトップとなり、女性よりも男性の利用率が高い。逆に、2位の「レシピ本」では、男性よりも女性のほうが利用率が高くなっており、「本を買うほどではないが情報を知りたい」という男性にレシピサイトは人気のようだ。

レシピは何を参考にすることが多いか(n=274)

 レシピサイトは料理の作り方だけでなく、実際につくってみてどうだったか、こんなアレンジもあるというように、料理する人の意見やアイディアを知ることができる点も楽しく、心強い。今回の調査対象はPCサイトのみだが、店先で参考にできる携帯サイトも忙しい人にはベンリだ。

 一方、料理本は、決められた予算で料理したい、プロ級の料理を自宅で再現したい、身体にいいものを食べたいといった多様化する志向にこたえるため、趣向をこらしたものが多数出版されている。本を出す料理研究家も、ライフスタイルを含めて提案する栗原はるみのほか、肩のこらない料理を紹介するケンタロウ、こうちゃん、コウケンテツなどの男性料理研究家が人気を集めるなど、そのイメージも大きく様変わりしている。

 節約や健康のために自炊派が増えているため、こうしたレシピ情報を求める人が増えそうだが、たまには身近な家族、特に母親に料理の作り方を教えてもらうのもよいのではないだろうか?

【関連記事】
一人暮らしの女性、夕食「自炊派」は6割超える
「ひとりで食事」週に3回以上が6割超える【個食についての調査】
「野菜をネットで購入したいと思わない」は6割超
規格外の野菜が3割お得、オイシックス「ふぞろいな野菜たち」が12月に売上急増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5