MarkeZine(マーケジン)

記事種別

もうサイト訪問者を逃がさない…!(LPO前編)

2007/02/09 00:00

「SEOやSEM対策をしてもビジネスにつながらない」と悩むマーケティング担当者が多い中、LPO(ランディングページ最適化)が注目されている。サイト訪問者に「問い合わせ」ボタンを押してもらうノウハウを株式会社イノベーションの奥博史氏が披露!(中編はこちら、後編はこちら)

SEO、SEMの先にある最新マーケティング「LPO」

 こんにちは、Webマーケティングのご提案をさせていただいているイノベーションの奥です。 今回お話しするのは最新のLPO(エルピーオー)事情とそのテクニックです。Webマーケティングに明るい方ならば、LPOのことはすでにご存知でしょう。LPOとはLanding Page Optimizationの略称で、直訳すると「ランディングページ(訪問者が着地するページ)最適化」という意味です。

 MarkeZineでも、SEO(自社Webページが検索エンジンの上位に表示されるように対策すること)やSEM(検索エンジンから自社サイトへアクセスを増やすためのマーケティング)などについてのコラムや記事を掲載していますが、Webマーケティングの手法としてSEOやSEMに続いて、今LPOが注目されています。

 LPOはSEOやSEMのさらにその先のマーケティングと言えるもので、サイトに訪問者が訪れた時に、そのWebページを工夫しておき、訪問者が問い合わせや資料請求、さらに会員登録や商品購入など、売上げにつながるアクションを起こす割合(コンバージョンレート)を高めるための工夫を指します。

LPOの流れ

「SEOやSEM対策によってサイト訪問者が増えたけど、契約に結びつかない」という問題を解決するためのマーケティングとして、LPOに強い関心が集まっているのです。

確実に売上げにつなげる

 LPOの効果は論より証拠。具体的な手法をあげてみましょう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5