MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

モバイルでもネット視聴率調査が本格化、ビデオリサーチインタラクティブが調査データ発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2009/05/14 20:00

 テレビの視聴率から、ネット視聴率へと、インターネットの普及によって新しい調査サービスが誕生してきたが、時代はようやく「モバイルネット視聴率」の時代に入ったようだ。

 ビデオリサーチインタラクティブは、携帯電話でのインターネット視聴状況を調査し、はじめてモバイル・インターネット視聴データとして発表した。3月に行われた調査では、NTTドコモのiモードユーザーを対象とし、同時に対象者のプロフィール情報(属性、他メディア接触状況、広告に対する意識など)についても調査を実施。両者を掛け合わせた分析が可能になっている。

 発表された資料によると、男性20~34歳(M1層)と女性20~34歳(F1層)では、平日/土日を問わず、M1層の方が利用率が高くなっている。また、平日では両ターゲットとも12時台と21-22時台で活発だが、男性は朝の9時台で最初のピークを迎えることが明らかになった。

平日の時間帯別 モバイル・インターネット利用率 2009年3月9日(月)~15日(日)

 また、平日の朝/昼/夜の各時間帯でリーチが10%以上のWebサイトをまとめたのが以下の2つの表だが、「日本マクドナルド」「ヤフー」「グーグル」「楽天」「mixi」などのリーチが高くなっている。このうち「日本マクドナルド」は、M1層・F1層ともに昼帯でが出現している点が特徴的。

M1層の1週間の接触率上位30ドメイン 2009年3月9日(月)~15日(日)
F1層の1週間の接触率上位30ドメイン 2009年3月9日(月)~15日(日)

 ビデオリサーチインタラクティブでは、引き続きモバイル・インターネット視聴データを取得・分析し、接触回数(フリークェンシー)データや参照元などの分析事例、時系列でのトレンド推移を発表するとともに、「モバイル・インターネット視聴データ」提供の事業化に向けて検討を進めるとしている。

 今回の発表と同日、ネット視聴率調査会社ネットレイティングスも、国内でのモバイル利用者行動履歴調査の開始を発表しており、携帯での視聴率調査サービスが本格化しそうだ。

【関連記事】
ネットレイティングス、携帯ユーザー行動履歴調査サービスを開始
VRI、モバイル広告データベースサービスを4月から提供
ビデオリサーチ、テレビCMと広告キャンペーンの効果測定調査サービスを開始
PVではサイトを正しく評価できない―米ネットレイティングスが「滞在時間」を重視

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5