MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

バックリンクの大量生産は破滅への第一歩
やりすぎSEOから卒業し、ほどほどの集客で稼ぐ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2010/11/19 11:00

 今回は、ヤフーだけではない、グーグルにもあるトップページが検索されない不審な現象を追求してみます。また、誰に何を売るのか。そもそも顧客のイメージはつかめているのか?そしてそれを掘り下げてみます。(バックナンバーはこちら)

グーグルのTDP(トップページ・ダウン・ペナルティ)

 グーグルの「トップページ・ダウン・ペナルティ(略称TDP)」とは、あるキーワード検索でトップページではなく、同じサイトの他のページが表示される現象のことです(一般的なSEO用語ではありません)。場合によってはサイトのどのページも検索されないといった重症例もあるようです。

 では、弊社管理サイトのSEO塾(www.algorism.co.jp)の事例を見てみましょう。

 「SEOセミナー」のグーグル検索で、「www.algorism.co.jp/seminar/」のページが10番目ほどに出てきます。これに対して、トップページは80番から90番台をうろうろしています。セミナーの告知ページが上位表示されているんですから何の問題もなさそうですよね? ところが、毎日順位をチェックしていると、とんでもないことが起こっているのです。

 以下は、順位チェッカーGRCをキャプチャーしたものです。

 この1か月間で、SEO塾(www.algorism.co.jp)のページは順調にランクアップしています。なおさら無問題に思えます…

 ところが、「www.algorism.co.jp/seminar/」のページを追跡してみますと、1か月前は100番前後で、おかしな上がり下がりをしているのです。

 GRCで「F6」を押すと、もっとも良い順位のページが一覧できます。

 こうして、ざっくりと見ただけでも、実は、トップページとセミナー告知ページが交互に上位表示されながら、一応は順位アップだけはしてきた、と言うことができるでしょう。逆にトップページの現状だけに注目すれば、セミナー告知ページに並ぶことはなく、数十番も順位ダウンしていることになります。

 これも「トップページ・ダウン・ペナルティ」の現象にあたり、もしセミナー告知ページがなかったなら、大変なことになったかもしれませんね。

 なぜ、こんな現象が起こるのでしょうか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • アルゴリズム(アルゴリズム)

    本名:石崎和男 株式会社アルゴリズム 代表取締役。福岡商工会議所、府中商工会議所(広島県)、法人会員。独自の研究と実験や検証を元にした検索エンジン対策を確立し、テンプレート販売やランクアップ・サポートなどのSEO事業、およびウェブマーケティングを展開している。運営しているSEO塾の塾生は延べ数千人、セミナー...

バックナンバー

連載:グーグルSEOと集客と売上のできるホームページ

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5