MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

検索エンジンの順位変動に右往左往しないために必要なことは“ブランド化”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2011/04/01 11:00

 今回は、グーグルの順位変動とビジネスへのダメージ、そして検索エンジンにあまり左右されないホームページの運営、ブランドづくりを解説します。(バックナンバーはこちら)

グーグルのアルゴリズム変更

 2011年1月末ごろから、グーグルの異様な順位変動が続いています。「ファーマー・アップデート」「パンダ・アルゴリズム・アップデート」などとニックネームがついています。

 グーグルのアルゴリズム変更のベースは、質の低いサイトやページが検索にかかりにくくすることのようです。「質の低い」という文学的レトリックですが、コンテンツのオリジナル性やボリュームなどが十分ではないということです。

 具体的には、ヘッダーやフッター、サイドバーなどを切り離してつまり本来のコンテンツのパートを見て、ある程度は機械的に、他のサイトやページから引っ張ってきたと思われるようなテキストが多く発見された場合、インデックス削除やSEOスコアダウンされています。

リンク元にも注意

 このMarkeZineの読者層は、上述のようなスパム、ブラックハット、邪悪なSEOには手を染めていないでしょうし、そもそも商用サイトとしてオリジナル性やボリュームが乏しいということはありえないはずです。

 まあ、すばらしい競合をうらやんでソースを盗用する例はあるのですが…。

 問題は、順位アップのために外部リンクを手当てしている場合です。自作自演でも、外部委託でも、リンク元が「質の低い」サイトやページになっている可能性は高いでしょう。いかがわしい有料リンクは、相当あぶないです。

 本末転倒していくのですが、グーグルでリアルに対策していくならば、リンク元さえもクオリティを追求しなければなりません。結局、スパムやブラックハットはもとより、SEOそのものさえ無力化していくことが、グーグルの最終目標なのでしょう。

持続可能なSEO

 しかも、今回のアルゴリズム変更も、一回こっきりではないでしょう。これからもグーグルなりに検索の品質改善をやり続けるわけです。ということは、われわれのホームページも、ずっと順位変動のリスクを織り込まなければならないということでもあります。

 かならず、順位変動は起こる!

 変動にさらされないまともなSEOに集中し、うかつなことには手を出さないということです。特に、質の悪いバックリンクをかかえてしまうと、リンクを受けているサイトの価値そのものが下がってしまい、大胆に言えばブラックリストに記載されて、順位ダウンの後に悪質リンクを削除しても、リカバリーは難しい可能性もあるということです。

 また、SEOをやらなければペナルティのリスクは軽減しますが、まともなSEOに励んだ競合はぐいぐい上がっていきますから、これまた相対的な順位ダウンのリスクはむしろ増えるということにもなってしまいます。

 では、何をすればいいのでしょうか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

  • アルゴリズム(アルゴリズム)

    本名:石崎和男 株式会社アルゴリズム 代表取締役。福岡商工会議所、府中商工会議所(広島県)、法人会員。独自の研究と実験や検証を元にした検索エンジン対策を確立し、テンプレート販売やランクアップ・サポートなどのSEO事業、およびウェブマーケティングを展開している。運営しているSEO塾の塾生は延べ数千人、セミナー...

バックナンバー

連載:グーグルSEOと集客と売上のできるホームページ

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5