SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第71号(2021年11月号)
特集「きれいごとで終わらせないパーパス・ブランディング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

新着プレミアム記事(有料記事)一覧

この記事はMarkeZineプレミアム会員または、定期誌『MarkeZine』購読者限定です。詳しくはこちら

人気記事ランキング

  • 1 ミレニアル世代の夫婦に見る新しい日常

     本記事では、コロナ禍におけるミレニアル世代家庭の新しい日常をデータをもとに考察します。

  • 2 「改正個人情報保護法」施行でデジタルマーケティングはどう変わる? マーケターが押さえておくべき要点

     いよいよ2022年4月に「改正個人情報保護法」の施行が迫っている。改正法により、ターゲティング広告やDMPを利用したデジタルマーケティングにはどのような影響があるのだろうか。またデータを取得・保有・活用するフェーズにおいて企業が注意すべきポイントとは。GVA法律事務所・阿久津弁護士に、マーケターが押さえておくべき要点を解説していただく。

  • 3 NetflixのEC事業「Netflix.shop」、真の狙いは目先の売上にあらず

     米国やグローバルにおける広告・マーケティング業界の最新情報をまとめたベストインクラスプロデューサーズ発行の『BICP MAD MAN Report』。そのカットアップ版をお届けする本連載。今回はNetflixが進出したEC事業の真の狙いについて検討する。

  • 4 営業不在で自動的に売れる仕組みを作る 「販促の設計図」の描き方

     コロナ禍で対面営業の機会が制限されるなか、BtoB分野におけるデジタルマーケティングの必要性は一層増している。一方で、デジタルマーケティングに投資してもなかなか成果が出ず、販促活動に苦慮している企業もある。そうしたなか注目されているのが、営業部門不在で売上拡大を実現する仕組みを解説した一冊『販促の設計図』(翔泳社)だ。著者のアドバンド代表取締役中野道良氏に、なぜ営業部門がいなくても売れる仕組みが可能なのか、そして設計図を描くにはどうすればいいか、書籍の内容を深掘りして聞いた。

  • 5 「コーヒーを楽しむ入り口」を増やす UCC上島珈琲のMy COFFEE STYLE

     コーヒービギナー層に「コーヒー選びのハードルを下げ、自分に合ったコーヒーの楽しみ方を届けたい」とスタートした、UCCのMy COFFEE STYLE。サブスクリプション、店舗、EC、LINE公式アカウントと幅広く展開する顧客接点だけでなく、「飲んでみたい」と思わせる商品設計も特徴だ。巣ごもり需要にともない、自宅でコーヒーを楽しむおうちカフェの商機が高まるコーヒー業界。同事業をリードする、UCC上島珈琲マーケティング本部デジタル推進部の染谷清史氏に、これまでの取り組みを聞いた。

定期誌『MarkeZine』連動特集

プレミアム記事は有料コンテンツです。
MarkeZineプレミアム会員への登録、または定期誌『MarkeZine』ご購読が必要です。
プレミアム記事が読み放題!
MarkeZineプレミアム会員
詳細はこちら
プレミアム記事を毎月1冊にまとめてお届け!
定期誌『MarkeZine』
詳細はこちら