MarkeZineプレミアム

マーケティング専門メディアMarkeZineが、注目情報を厳選し徹底取材。
Web・雑誌・セミナーの多様な形でお届けします。
効率的にマーケティング知識とスキルが身に付く、プレミアムな会員サービスです。

※月額1,375円~

\ キャンペーン実施中 /

バックナンバープレゼントキャンペーン
プレミアム記事

有料記事

プレミアムセミナー

限定セミナー

雑誌

雑誌

プレミアムホワイトペーパー

ホワイトペーパー

プラン・サービス詳細

毎月の特集で重要キーワードを深掘り。
“押さえておくべき情報”を効率的にインプット

  • 【特集】2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード
  • 【特集】Web3、メタバース、NFT──最新技術がマーケティングに及ぼす影響
  • 【特集】2022年の急上昇ブランド~本質的なブランディングの核に迫る~
  • 250万人規模のデータで解説!今月の消費トレンド速報
  • 特集:2023年・広告の出し先
  • 特集:すごいBtoB企業がやっていること
  • WHO/WHATを解き明かす、上流マーケティングの10ステップ
  • 特集:ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング

人気記事ランキング

  • 1 半径10mのマーケティングへ 「広告だけでは売れない時代」にマーケターに求められる力

     ビジネス環境の変化が続く中、マーケティングの在り方はどのように変化しているのか。多くのブランドマーケティングを支援しながら、自社でも商品開発をスタートさせた株式会社MD代表取締役石井賢介氏が、2022年を振り返って市場と消費者の変化を解説。マーケターが自身の価値を高めるために身に付けるべき思考、スキルとは。

  • 2 2023年、私たちの挑戦(エージェンシー編)

     2023年が幕を開けた。第一線で活躍する企業・キーパーソンたちはどんな挑戦を見据えているのか。MarkeZineでは、新年企画として、21社から「2022年の振り返り」と「2023年の挑戦」についてコメントを集めた。本稿では、その中からアクセンチュア ソング、ADKマーケティング・ソリューションズ、サイバーエージェント、電通、博報堂の展望を紹介する。

  • 3 2023年、私たちの挑戦(EC事業者編)

     2023年が幕を開けた。第一線で活躍する企業・キーパーソンたちはどんな挑戦を見据えているのか。MarkeZineでは、新年企画として、21社から「2022年の振り返り」と「2023年の挑戦」についてコメントを集めた。本稿では、その中からアイスタイル、Amazon Ads Japan、ヤフー、楽天グループの展望を紹介する。

  • 4 経営がパーパスにリードされる状態を目指して。博報堂 藤平氏が目指す、パーパス起点の「整合」

     マーケターたちの“2023年の挑戦”について聞いている本特集、1人目は博報堂/SIXのストラテジック・クリエイティブ・ディレクター 藤平達之氏を取材した。メイントピックは「パーパス」だ。2020年頃からパーパスが流行している日本だが、パーパスブランディングについてはその論調や実態の分岐も見受けられる。2016年の終わり頃からパーパスに着目し、多数の企業のパーパス起点のプロジェクトを手掛けてきた同氏は、パーパスを巡る現状をどう捉え、また自身のこの先をどのように描いているのだろうか?

  • 5 2023年、私たちの挑戦(マーケティングベンダー編)

     2023年が幕を開けた。第一線で活躍する企業・キーパーソンたちはどんな挑戦を見据えているのか。MarkeZineでは、新年企画として、21社から「2022年の振り返り」と「2023年の挑戦」についてコメントを集めた。本稿では、その中からアドビ、セールスフォース・ジャパン、日本オラクル、日本マイクロソフトの展望を紹介する。

プラン紹介

個人会員

個人利用におすすめ
Web有料会員

月々払い
2,200円/月

同時接続数:1(ご本人様のみ)
Web有料記事
限定セミナー
ホワイトペーパー
雑誌
電子版・バックナンバー
書籍・講座15%OFF

お申込みはこちら

for チーム

3名程度
チーム利用に

年間49,500円 一括払い
1名あたり1,375円/月

同時接続数:最大3(入替可)
Web有料記事
限定セミナー(法人ご招待)
ホワイトペーパー
雑誌
電子版・バックナンバー
書籍・講座15%OFF

お申込みはこちら

for チーム プラス

10名程度
チーム利用に

年間165,000円 一括払い
1名あたり1,375円/月

同時接続数:最大10(入替可)
Web有料記事
限定セミナー(法人ご招待)
ホワイトペーパー
雑誌
電子版・バックナンバー
書籍・講座15%OFF

お申込みはこちら

【大規模利用をご検討中の法人のお客様へ】

「最適なプランを相談したい」「見積りが欲しい」など、お気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちら>>

キャンペーン

バックナンバープレゼントキャンペーン

キャンペーン期間中、MarkeZineプレミアム for チーム/for チームプラスのいずれかに新規でお申込みいただいた方に、雑誌『MarkeZine』のバックナンバー人気号2冊をプレゼントいたします。この機会にぜひお申込みください!

キャンペーン対象期間

2023年1月25日(水)~ 4月24日(月)
※本キャンペーンは予告なく終了する場合がございますので、予めご了承ください。

キャンペーン対象者

MarkeZineプレミアム for チーム/for チームプラスのいずれかに新規でお申込みいただいた方
※お申込み時に「雑誌不要」を選んだ方は対象外といたします。

プレゼント

  • 第78号(2022年6月号)特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」
  • 第82号(2022年10月号)特集「2023年・広告の出し先」
※初回発送時に同梱してプレゼントいたします。

サービス案内

有料記事
Webで読み放題

プレミアム記事

個人会員 for チーム for チーム プラス

注目キーワードを最新事例とともに深掘りする「特集記事」、経営層へのインタビュー、国内外の業界動向を押さえる連載など、オリジナルのプレミアム記事(平日毎日更新)が読み放題。

限定セミナー
無料ご招待

プレミアムセミナー

個人会員 for チーム for チーム プラス

業界キーパーソンが登壇するプレミアムセミナーにご招待。多様なテーマで識者をお招きし、講演や質疑応答を通して学びを深めていきます。

ホワイトペーパー
ダウンロード

プレミアムホワイトペーパー

個人会員 for チーム for チーム プラス

雑誌『MarkeZine』から特別編集した抜粋版資料や限定資料など、PDF形式のプレミアムホワイトペーパーをダウンロードしていただけます。

毎月1冊
雑誌をお届け

『MarkeZine』(雑誌)

for チーム for チーム プラス

編集部総力取材&書きおろしのオリジナル記事を、雑誌『MarkeZine』にまとめて年12回・毎月1冊お届けします。

電子版誌面・
バックナンバーも読める

『MarkeZine』(電子版)

for チーム for チーム プラス

雑誌『MarkeZine』最新号から第51号(2020年3月号)までの誌面を電子版でも閲覧いただけます。

書籍・講座
いつでも15%OFF

書籍・講座15%OFF

for チーム プラス

翔泳社の通販サイト「SEshop」で販売中の書籍マーケティング関連の有料講座を15%OFFでご購入いただけます。

サービス・プラン対応表

個人会員 for チーム for チーム プラス
同時接続数・
ご利用人数の目安
1 ~3 ~10
Web有料記事 あり あり あり
限定セミナー あり あり あり
ホワイトペーパー あり あり あり
雑誌
(紙版・毎月1冊お届け)
なし あり あり
雑誌
(電子版・バックナンバー)
なし あり あり
書籍・講座15%OFF なし なし あり

個人利用におすすめ
Web有料会員

個人会員の
お申込みはこちら

3名程度
チーム利用に

for チームの
お申込みはこちら

10名程度
チーム利用に

for チーム プラスの
お申込みはこちら

編集長ご挨拶

MarkeZine編集長 安成蓉子
MarkeZine編集長
安成蓉子

デジタルがあらゆる領域を包括するようになった今、マーケティングの知識は、現場のマーケターだけでなく、営業やITなど企業の変革を率いる部門や経営層にとっても欠かせないものとなっています。

変化する生活者の理解、多様化するコミュニケーションチャネルへの対応、デジタルトランスフォーメーションの実現など、企業の課題は多岐にわたります。

業界の最先端に向き合うMarkeZine編集部では、独自の視点でプレミアムなコンテンツを様々なアウトプットで企画。溢れる情報の中から、今知るべき優良な情報を厳選してお届けします。

同時に、リモートワークの定着により、働き方も変化しています。オンライン環境下でもチームビルディングや人材育成が円滑に進むように、MarkeZineプレミアムではWeb有料記事だけでなく、限定セミナー、ホワイトペーパー、雑誌(電子版)など複合的なサービスをご用意しています。

デジタル化という大変革の波を乗り切るために、MarkeZineプレミアムが提供するサービスを包括的にご活用していただければ幸いです。

ご利用案内

お申込み締切と発送スケジュールについて

雑誌付きのプランは、お申込みいただいた時点での最新号から1年間『MarkeZine』(雑誌)を発送いたします。最新号の発行は、毎月25日です。

※発行日は、日曜・祝祭日などで変更になる場合がございます。雑誌の到着日は、発行日より遅れることがございますが、ご了承ください。

日本郵便のゆうメールで発送いたします。(送料翔泳社負担、年12回発送)

※発送から2~3日でお届け予定でございます。
※ポスト投函方式ですので、郵便受けの投入口のサイズにご注意ください。(誌面サイズ : 縦 28cm/横 21cm/厚さ 約5mm)

ご利用料金とお支払い方法

ご利用料金とお支払方法は各プランにより異なりますので、下記をご参照ください。年間利用料は一括前払いとなります。

個人会員 … 月額2,200円、クレジットカード払いのみ
for チーム … 年間49,500円、クレジットカード払いまたは銀行振込
for チーム プラス … 年間165,000円、クレジットカード払いまたは銀行振込

※クレジットカード払い:『MarkeZine』(雑誌)初回号発送のタイミングで決済処理を行います。
※銀行振込:原則ご注文から10営業日以内のお振込みをお願いしております。

FAQ:よくあるご質問

  • 『MarkeZine』(雑誌)のみを書店で購入したり、単号で購入することは可能ですか?

    『MarkeZine』は翔泳社のECサイト「SEshop」でのみ販売しております。恐れ入りますが、一般の書店ではご購入いただけません。又、単号ごとの販売は行っておりません。(ご契約者の方に限り、バックナンバーを単号ごとに販売しております。)
    『MarkeZine』(雑誌)をご希望の場合、「for チーム」または「for チーム プラス」のプランにお申込みください。

  • 見積書、領収書、請求書を発行してほしい

    ご注文の前にお見積もりが必要な場合は、こちらをご参照ください。
    請求書、領収書の発行につきましては、こちらをご覧ください。

  • 後払い(請求書払い)は可能ですか?

    銀行振込の場合、原則前払いでお願いしておりますが、法人のお客様で後払いをご希望の場合は、お支払い時期のご相談を承りますのでこちらからご連絡ください。その際、御社のお支払ターム(月末締め翌月末払いなど)を合わせてお知らせください。

  • 担当者を変更したい

    会員メニュー > 定期購読 > [定期購読確認/変更]から、ご利用期間の確認や送付先の変更手続きが可能です。送付先を変更する場合は、「お届け先/自動更新変更」ボタンを押して、お届け先の情報をご変更ください。

  • 利用アカウントを変更したい

    アカウントの変更には、ご登録のメールアドレスを変更いただく必要がございます。現在ご登録のメールアドレスとパスワードでSHOEISHA iDページにログインの上、メールアドレスをご変更ください。

  • 自動更新を解除したい

    自動更新の解除は会員メニューよりお手続きが可能です。お手続き方法につきましては、こちらをご覧ください。

  • 海外からの契約は可能ですか?

    インターネットをご利用いただける環境であれば、ご契約いただくことが可能です。ただし、雑誌の発送は日本国内に限らせていただいておりますので、ご了承ください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム(翔泳社の通販SEshop カスタマーサポート)