専門メディアMarkeZine編集部がマーケターに読んで欲しい記事を厳選!

MarkeZineプレミアム会員 まずはお試し!初月半額

初月半額キャンペーン実施中!

MarkeZineプレミアム会員は、マーケティング専門メディアならではの、厳選された質の高い情報、コンテンツをご利用いただける個人向け定額会員サービスです。

ご利用可能なサービス

  • MarkeZineのプレミアム記事読み放題
  • MarkeZineプレミアムセミナーへご招待
  • MarkeZine Stock使い放題(本サービスは2022/7/25に終了します)

初月半額50%OFFクーポンご利用で
月額2,200円初月のみ1,100円

詳細のご利用条件はこちら

【初月半額50%OFF】クーポンコード

mWyozf

対象商品:MarkeZineプレミアム会員

ご利用条件

  • ご注文手続きの際に、「コード型クーポンを使う」のラジオボタンにチェックを入れて、上記のクーポンコードをご入力ください。クーポンコードが入力されていない場合、割引となりませんのでご注意ください。
  • 2か月目以降は通常価格の月額2,200円でのご利用となります。
  • クーポンはお1人様につき1回のみ有効です。
  • 本クーポンキャンペーンは予告なく終了することがございます。クーポンのご利用前に本ページでで事前にキャンペーン実施期間かどうか確認することをお勧めします。

MarkeZineプレミアム記事読み放題

業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月10本程度、有料読者様向けに限定公開しています。(※1ページ目のみ、どなたでも閲覧可能です。)

新着記事

  • サントリー室元氏が率いる、新体制でのDX全社で連携し「デジタル人材の育成・強化」に取り組む

     マーケティング業界でも深刻な問題となっている人材不足とどう向き合い、どこに解決の糸口を見つけるか? また、ビジネスをリードできる強いマーケティング組織をいかに作っていくか? 各社の取り組みを探る本連載。第7回は、サントリーホールディングスでデジタル本部長を務める室元隆志氏を取材した。長年、先頭に立ってサントリーのデジタル活用ひいてはDX、デジタル人材の育成に注力してきた同氏に、組織的な人材育成を成功に導くためのポイントを聞いてきた。

  • 急成長するメンズメイク市場 コスメ業界の新ビッグユーザー「メイク男子」を徹底解明

     近年、SNSの普及やコロナ禍でビデオ会議が増加したことにより、“画面映り”を気にかける機会が増えています。こうした背景から、女性だけでなく男性の美容意識も高まり、身だしなみとして化粧を実施する「メイク男子」が増加。この兆しを受け、ウーノ、メンズビオレ、ギャッツビーといったブランドが、BBクリーム、コンシーラーなどの男性用メイクアップ化粧品を続々とリリースしていった結果、メンズメイク市場は過去にない盛り上がりを見せています。今回の「データで読み解く」では、マクロミルの「ブランドデータバンク」および、消費者購買履歴データ「QPR」から、メンズメイク市場の成長背景とメイクをする男性の実態を明らかにしていきます。

  • デジマの経験はテレビCMにどう活きる?「バクラク」のマーケターに聞く

     BtoBスタートアップ企業でテレビCMが活発に使われるようになり、デジタルマーケティング出身のマーケターが領域を広げて担当するケースも増えている。デジタルでの経験はテレビCMでどう活かせるのか。また初めてのテレビCMで押さえておくべきポイントとは。請求書受領サービス「バクラク請求書」などを提供するLayerXの内山氏に、テレビCMをディレクションした経験を振り返りながらお話しいただいた。

  • キッコーマンソイフーズが語るSAS活用 データを武器に進める「テレビマーケティング改革」

     「キッコーマン豆乳」を筆頭に豆乳を主とする商品を手掛けるキッコーマンソイフーズは、スマート・アド・セールス(以下、SAS)を活用し、テレビマーケティングの改革を進めている。GRPという全体量でしか測ることのできなかった状況から、データドリブンなテレビマーケティングの実現へ。SASを活用することで、具体的になにがどう変わったのか? キッコーマンソイフーズでマーケティングを統括する荻生康成氏、同社にSAS活用を提案し今日まで一連のプロジェクトをサポートしてきたジェイアール東日本企画の志賀辰之助氏、SASの開発・提供を主導する日本テレビ放送網の巽 直啓氏を取材した。

  • テレビマーケティングの進化を支えるサービス群

     ここでは、データドリブンなテレビマーケティングを実現する6つのサービス(ツール)を紹介する。自社の目的・状況にあったサービス選定の参考にしてほしい。

人気記事ランキング

  • 1 P&G、Googleを経てアドビへ入社 以来、足かけ2年で取り組んできた「社内の意識改革」

     マーケティング業界でも深刻な問題となっている人材不足とどう向き合い、どこに解決の糸口を見つけるか? また、ビジネスをリードできる強いマーケティング組織をいかに作っていくか? 各社の取り組みを探る本連載、第5回目はアドビマーケティング本部常務執行役員/シニアディレクターの里村明洋氏を取材した。新卒で入社したP&Gで営業からマーケティングを経験し、その後転職したGoogleでは複数の事業におけるマーケティングを統括。アドビ入社後は、「Adobe Creative Cloud」のマーケティングを率いている里村氏のマネジメントスタイルとは?

  • 2 若年層を中心に広がる「投げ銭」実施者の特徴、消費における価値観とは?

     ライブ配信中に視聴者から配信者に対してお金、または換金することができるギフトを送ることができる「投げ銭(なげせん)」システム。個人のブログやWebサイトに導入されたり、Twitterに「Tips」という応援したいアカウントに直接送金できる投げ銭(チップ)機能が搭載されたりと、その活用シーンが広がっている。今回は、投げ銭をしている人にスポットを当て、どのようなライフスタイルを送っているのか、マクロミルの「ブランドデータバンク」および「A-cube」のデータから明らかにする。

  • 3 「Cookie同意ポップアップ」に見える企業姿勢

     米国やグローバルにおける広告・マーケティング業界の最新情報をまとめたベストインクラスプロデューサーズ発行の『BICP MAD MAN Report』。そのカットアップ版をお届けする本連載。今回は、GDPR発令以降に急増したCookie同意ポップアップの欧米での取り扱いについて考察する。

  • 4 ビジネス結果にこだわり「自分の型」を作る。Meta中村さん流・マーケターキャリアの築き方

     業界の第一線で活躍するマーケターは、どんな若手時代を過ごしてきたのだろうか。変化する時代に食らいついていくために、今マーケターが備えておくべきスキルとは何か。P&Gを経てFacebook Japanで執行役員としてマーケティングサイエンスを統括する中村淳一氏に聞いた。

  • 5 健全なカルチャーなくしては何も始まらない。パナソニック山口氏が進めてきた戦略的な組織変革

     マーケティング業界でも深刻な問題となっている人材不足とどう向き合い、どこに解決の糸口を見つけるか? また、ビジネスをリードできる強いマーケティング組織をいかに作っていくか? 各社の取り組みを探る本連載、第6回はパナソニック株式会社コネクティッドソリューションズ社(以下、CNS社)のCMO山口有希子氏を取材した。マーケティング組織の形成とその機能強化、カルチャー改革で行った具体的な取り組みと、そのベースとなるマーケティング・マインドをうかがう。

全てのプレミアム記事を見る

MarkeZineプレミアムセミナーへご招待

多様なテーマで識者を招き、「実務」「実践」「再現性」の切り口から、議論を深めていきます。MarkeZineのコミュニティで、多くのマーケターと知見を共有しながら、次の一手となるヒントを導き出す場を共創します。

近日開催のセミナー

プレミアムセミナー

只今準備中です。

セミナーの詳細を見る

MarkeZine Stock使い放題

オリジナル調査などの図表データをダウンロードできるサービスです。企画書や資料で自由にご活用ください。

MarkeZine Stock

MarkeZine Stockはご利用状況を鑑み、2022年7月25日(月)をもちましてサービスを終了させていただくこととなりました。ご活用いただいていたお客様には申し訳ございませんが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。
■サービス終了 2022年7月25日(月)
サービス開始から多くのお客様のご愛顧をいただき、誠にありがとうございました。

MarkeZine Stock

編集長ごあいさつ

MarkeZine編集長 安成蓉子
MarkeZine編集長
安成蓉子

コロナ禍を境に、マーケティングに寄せられる期待が急速に高まっています。オンライン・オフラインを横断して、企業の顧客接点を司ってきたマーケターへ、企業を変革する役割が期待されています。また、営業やITなど企業の変革を率いる部門や経営層にとっても、マーケティング情報への感度の高さを、求められるようになっています。

変化する生活者の理解、多様化するコミュニケーションチャネルへの対応、デジタルトランスフォーメーションの実現など、多岐にわたる企業課題を解決する一助として、マーケティング専門メディア「MarkeZine」が発信するプレミアムな情報をお役立てください。

また、会社の枠組みを超えて、知見を共有する「MarkeZineプレミアムセミナー」を、プレミアム会員の皆様に向けて定期的に開催いたします。最先端の情報にキャッチアップし、オリジナルな情報を能動的に得る場として、ご活用ください。

法人での導入をご検討中の方へ

定期誌『MarkeZine』

プレミアム記事を毎月1冊の冊子にまとめてお届けする定期誌『MarkeZine』の紙版と、オンラインで誌面が読める電子版をご用意しております。

ご利用案内

お申込み前に必ずご確認ください。

料金とお支払方法について

料金は月額2,200円(税込)です。お支払方法はクレジットカードのみとなります。
注文手続き完了後、すぐにサービスをご利用いただけるようになります。

ご請求について

ご注文日と同じ日にちで毎月料金が自動で決済されます。
注文日にあたる日にち (31日等) がない月は、その月の最終日が決済日となります。
 例1)5/10に注文した場合:5/10に決済、6/10に決済、7/10に決済・・・
 例2)5/31に注文した場合:5/31に決済、6/30に決済、7/31に決済・・・
ご自身で解約手続きをされない限り、毎月自動で決済処理が実行されます。

領収書の発行について

お申込み初回、もしくは自動更新時から、それぞれ1か月以内でしたら、会員メニュー画面から領収書をダウンロードいただけます。ダウンロード方法は、こちらでご確認ください。
お申込み初回、もしくは自動更新時から1か月以上経ったご注文については、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

契約状況の確認

契約状況は、会員メニュー画面でご確認いただけます。こちらからログインしてご確認ください。

解約について

解約手続きは、会員メニュー画面からお願いいたします。こちらからログインし、「解約手続き」ボタンを押して、解約手続きを完了させてください。
解約手続きが完了すると、「ご利用停止のお知らせ」メールが送信されますので、ご確認ください。
 解約手続きが完了した直後から、サービスをご利用いただけなくなります。
 月の途中で解約した場合でも、日割りによる返金はございませんのでご注意ください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム(翔泳社の通販SEshop カスタマーサポート)