SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineピックアップ

開店時にもこれだけは欲しい!ネットショップ構築サービス3つのマスト機能

 今回は、ネットショップに必要な機能やサービスについて説明します。無料サービスは機能が限られているものの、初期の段階ではそれで十分で、有料サービスの高機能は使いこなせずもったいないという場合もあります。それぞれ見ていきましょう。

最低限必要な機能は、「サイト構築/作成」「カート」「決済」

 ネットショップ構築サービスの機能を大きく分けると、「サイト構築/作成」「ショッピングカート」「サイト管理」「プロモーション」「データ分析」「サポート」の6つです。

 なかでも、「サイト構築/作成」「ショッピングカート」「決済」の3項目は、ネットショップを開店するにあたり、必要不可欠な項目・機能となります。それでは各機能について見てみましょう。

ネットショップマスト機能1:サイト構築/作成

 サイト構築/作成において、一番簡単にページを作成する方法としては、すでに用意されているフォーマット(テンプレート)を使って、そこに販売する商品の写真や解説を貼り付けたり記入していくことです。すべてのネットショップ構築サービスで採用されています。

 しかし、テンプレートだけではなかなかオリジナル性が出しにくいことも。そこで、独自デザインのページを作成する機能やHTML言語を使ってプログラミングできる機能が提供されている場合があります。

 また、テンプレートで簡単に作成できるからといって、その後のメンテナンスが面倒では運用時の工数がかかってしまいます。たとえば、商品を並べ替えたい時に、もう一度はじめからページを作らなければならないとしたら非常に面倒です。

 そのため、商品を並べ替えることができたり、一度作成したページの修正などが簡単に行えるかどうかといった、ページ作成上の便利な機能があるかどうかもポイントになります。

ネットショップ構築サービスの「サイト構築/作成」機能、無料と有料サービスの比較

機能 [無料]STORES [有料]MakeShop
テンプレート
テンプレートのデザイン変更  
独自デザインページ作成  
商品の並べ替え  
HTML入力対応  
スマートフォン対応/モバイルサイト対応
年齢認証機能  
会員制ショップ機能  
商品検索機能  
コンテンツ管理機能  
構築サポート  

ネットショップマスト機能2:ショッピングカート

 お客様が希望の商品を買い物かごに入れて、最後にレジで決済するまでを実現する機能です。商品を選択するとカートに自動的に記録され、購入する商品が一覧で見ることができ、配送の指定や決済情報を入力するなどの機能になります。

 ここで決済を行うための個人認証として、会員登録や購入履歴への記録などの機能も必要になります。ネットショップのキモとも言える機能で、すべてのネットショップ構築サービスで提供されている機能ですが、細かく見ていくと付帯サービスに違いがあります。

 たとえば、会員登録しなくても一時的に非会員も利用できる機能であるとか、配送日や時間の指定、ラッピングやのしなどの指定、贈答品などで配送先を複数指定できる機能などがあります。データ分析用にコンバージョンタグ(分析ツールに取引が成立したと通知するためのプログラムコード)の有無や見積書や請求書の発行機能などもあります。

ネットショップ構築サービスの「ショッピングカート」機能、無料と有料サービスの比較

機能 [無料]STORES [有料]MakeShop
基本カート機能
会員登録機能  
非会員購入機能  
配送日/時間指定機能  
配送料設定機能  
ラッピングなどの設定機能    
SSL対応  
複数配送先設定  
クレジットカード情報保持機能  
コンバージョンタグ埋め込み  
レコメンド機能  
配送状況連絡メール機能  
見積書発行機能  
購入履歴記録/表示  
ポイント対応  
ダウンロード販売対応
発送代理  

ネットショップマスト機能3:決済

 ショッピングカートと連動して、購入の最終段階としての支払いをサポートする機能です。昔は、この決済機能が貧弱であったり、商品ページとの連動やカートとの連動に高度なプログラム知識が必要とされたりと、不自由な時代がありました。しかし現在では、さまざまな決済方法がはじめから組み込まれていて、オーナーはすぐに決済システムを利用することができるようになっています。

 ネットショップ構築サービス選択においては、どれだけ多くの決済方法に対応しているかということが比較のポイントになります。決済方法は、お客様の利便性に一番つながるところなので、最低限、銀行/郵便振込決済、クレジットカード決済、代引き決済には対応している必要があります。また、最近ではネット銀行決済や世界的な決済システムである、Pay-PalやPay-easyなどにも対応しているカートサービスも増えています。(続きはECzineで

【関連記事】
買い手と売り手から見た「楽天市場」と「Amazon.co.jp」の違いとは?
Yahoo!ショッピングに出店すべきか 儲けとスマホ対応から考える
主要3モールに出店したら知っておきたい DeNA、Qoo10、YAMADA、ポンパレモールはここが違う!
「香川を代表する讃岐うどんの老舗として、安売りはできない」 ネットショップ開設19年、うどん本陣山田家の今後の戦略
食品と電報の掛け合わせアイデア商品『マシュマロ電報』が大ヒット!軌道に乗るまでわずか3ヵ月の秘訣とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzineピックアップ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社ユニゾン 下出 隆一(シモデ リュウイチ)

創業から25年間にわたり IT 関連書籍、雑誌の執筆、編集、制作をベースにエンタープライズから小規模企業、SOHOまで幅広いジャンルでの IT 関連ドキュメント、プロモーションマテリアル、Web制作を行っている老舗制作プロダクションだったが、現在では外資系企業を中心に、広告、プロモーション、アドテッ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング