SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

業界最新動向:MarkeZine注目ニュースまとめ

日本郵便、郵便局の相談サービスにオンライン接客システム「ROOMS」を導入/注目ニュースまとめ

 毎日更新される広告・デジタルマーケティング関連の最新ニュースから、注目を集めたトピックスをまとめて紹介する本連載。今回のランキングでは、日本郵便が郵便局のオンライン相談サービスの一環として、Bloom Actのオンライン接客システム「ROOMS」を導入したニュースが1位となった。その他、ランキングから注目のトピックを紹介する。

※本記事は、2022年10月25日刊行の定期誌『MarkeZine』82号に掲載したものです。

MarkeZine掲載ニュースから調査記事を除き編集部が独自に算出(2022年8月11日~2022年9月10日)
※クリックすると拡大します

日本郵便、オンライン相談用にシステムを導入

 日本郵便は、郵便局のオンライン相談サービスの一環としてBloomActの提供するオンライン接客システム「ROOMS」を導入した。これにより郵便局の利便性向上と、新たな顧客体験価値の提供を目指す。

 同システムは、URLの共有もしくは接続に必要なルームナンバーで場所やデバイス問わずやりとりが可能。スタッフの空き状況をカレンダーに公開し顧客側から予約ができる機能の他、接続URLの送信や担当スタッフのアサインを自動で行う機能もある。加えて、導入企業のサービス名やロゴを入れたオリジナルデザインルームを作ることもできる。

 なお、日本郵便での使用開始は2022年10月以降を予定している。

資生堂、新会員サービスを9月に開始

 資生堂は、店舗やECなどの販売チャネルや、ブランドごとに提供していた会員サービスを一つに集約した新会員サービス「BeautyKey」を、9月12日より、公式スマートフォンアプリを通じて、日本市場の化粧品専門店・デパート・GMS・ドラッグストアの一部に導入した。

 同サービスは、これまで小売店ごとに把握していた顧客情報を、OneIDに集約。顧客ごとに小売店を横断して把握し、会員サービスを提供するもの。OneID化によって、顧客の肌測定結果や応対履歴、お気に入りブランドからの美容情報などがアプリ内で一元化されるため、顧客は場所や時間を選ばず、自分に合ったシームレスなサービスを受けられるようになる。

 また、小売店では顧客のすべての購入履歴を参照することで、顧客のニーズに寄り添った接客を実現する。将来的には需給動向や生産・物流などの情報とも連動させ、最適なタイミングや方法での商品・サービス提供を目指す。

 コロナ禍を経て、顧客はデジタルを通じて自分にあった情報収集をし、最適なタイミングや場所で購入するなど、パーソナライズされた体験を求めている。顧客の変化するニーズに応えるため、今回の「Beauty Key」導入に至った。なお、開発はアクセンチュアとの合弁会社である、資生堂インタラクティブビューティーが行った。

電通G、23年から4地域制で事業を運営

 電通グループは、事業変革の加速と経営の高度化、顧客対応の強化を目的に、グローバル経営体制に移行すると発表した。

 同グループでは、2020年にグループ全体の包括的な見直しと、事業トランスフォーメーションの実現に向けた取り組みを開始。今回発表した経営体制の移行もその一環だ。

 具体的には、2023年1月1日付で「電通ジャパンネットワーク」と「電通インターナショナル」による2事業体制を解消し「ワン・マネジメント・チーム」に統合。4地域制(日本、米州、EMEA、APAC)で事業運営を行い、同グループの五十嵐博CEOがワン・マネジメント・チームを率いる。

 新経営体制では、グローバルレベルでの顧客対応に特化した組織を新設する他、コーポレート部門の各機能もグローバルで統合。経営体制の移行を円滑に進める推進役として「統合オフィス」を9月15日付で立ち上げる予定だ。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
博報堂DYMPとUUUMが合弁会社設立

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/15 09:30 https://markezine.jp/article/detail/40360

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング