MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

国内スマートフォンOSシェア、アンドロイドがアップル抜く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2011/06/30 18:05

 コムスコア・ジャパンによると、国内のスマートフォンOSシェアに変動が生じ、Androidが首位を保ってきたアップルを抜いたことが明らかになった。

 コムスコア・ジャパンは30日、日本のモバイル利用に関する携帯動向調査データ「コムスコア・モビレンズ」をもとに最新の市場傾向を発表した。その結果、スマートフォンのOSシェアで、これまでトップを維持してきたiOS(アップル)から、アンドロイド(グーグル)にトップシェアが移行したことが明らかになった。また、携帯市場全体におけるスマートフォン利用者数も増え続けており、2011年3月調べでは976万人、従来からのトレンドを加味すると、現在すでに1000万人を超える勢いとなっている。

アップルとグーグルスマートフォンプラットフォームの国内利用者数
(2010年9月・12月、2011年3月) 調査対象:13才以上の携帯ユーザー
出典:コムスコア・モビレンズ

 アップルのiOSは、OSシェアではトップを譲ったものの、機種別の利用ランキングではiPhoneシリーズがトップ5機種のうち3機種を占めており、依然として高い人気を維持している。アンドロイド搭載端末は、ソニーエリクソン製のドコモスマートフォンのXperiaと、東芝製のドコモスマートフォン、REGZA Phone T-01Cがランクインしている。

スマートフォン機種別利用者ランキング(2011年3月)
調査対象:13才以上の携帯ユーザー 
1位  Apple - iPhone 4 32GB 
2位  Sony Ericsson - Xperia 
3位  Apple - iPhone 4 16GB 
4位  Apple - iPhone 3G S 32GB 
5位  Toshiba - REGZA Phone T-01C 

 コムスコア・ジャパンは、「日本の若い女性はタッチスクリーンを受け入れないのではないか」といった意見も払拭され、数値の上でも完全に浸透サイクルに入ったとしており、大都市圏とそれ以外の地域でのスマートフォン浸透度も差が縮まってきていると指摘している。

【関連記事】
iPhoneユーザーが「Androidに乗り換えたい」と回答した割合が逆を上回る
男女問わず高い「スマホ所有意向」【博報堂DYm調査】
グーグル、SNS「Google+」の試験サービスをスタート
スマホで利用したい有料コンテンツは?
スマホ最強女子アプリは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5