MarkeZine(マーケジン)

記事種別

ソーシャルメディアがSEOに与える影響

SEOとmixiやGREEなどのソーシャルメディアはどのような関連があるのだろうか。2~3年前と比較すると、インターネットに接続する環境、ユーザーのスキル、提供されるサービスは変化し、向上の一途を辿っている。それにともないSEOの手法も変化が起こっている。

そもそもソーシャルメディアとは?

 ソーシャルメディアとは何のことだろうか。「ソーシャルメディア」という言葉自体はよく分からなくてもmixiGREEのことは知っているだろう。ソーシャルメディアとは、mixiやGREEに代表されるSNSや、昨今爆発的にユーザーの増加しているブログ、友人と共有することのできるオンラインブックマーク(ソーシャルブックマーク)、その他写真や動画の共有サイトなど、「ユーザーが参加・発信・共有することで成立するコミュニティ」のことだ。

 SEOとソーシャルメディアはどのように繋がるのか? 前述しているようにソーシャルメディアはユーザーが参加し、発信・共有するコミュニティである。ソーシャルメディアとSEOの関係性をより密接にするには、この「参加・発信・共有」というポイントを理解することが非常に重要である。

 ソーシャルメディアとSEOの観点からオンラインブックマークを例にとって考えてみよう。オンラインブックマークは文字通り、オンライン(インターネット)上に自分専用のブックマークページを形成することができる。つまりインターネット上にページが存在するため、通常のブックマークのようにパソコンに依存することがない。職場と自宅、またはその他の環境においてブックマークの内容が異なるという状況を回避する事が可能となる便利なサービスである。

 オンラインブックマークの代表的サイト「はてなブックマーク

 また、オンラインブックマークはインターネット上にページが存在することから、自分以外、例えば友人などにも公開することが可能である。第三者が閲覧できるということは特別な要因がない限り、検索エンジンのロボットもそのページの内容をクロールする。ブックマークしたページに対してはリンクが張られるため、ロボットがクロールした際にブックマークページに対するリンクを認識する。つまり、SEO上で有効な支持投票リンクとなるわけである。

 しかし、このオンラインブックマークを使用したリンク手法には注意しなければならない点が3つある。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5