MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

「D3メソッド」とリニューアル段階で注力すべき4つのポイント ─ データドリブン視点のサイトリニューアル実践法第2回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 今回はデータドリブンなサイト設計を実現するための方法論である「D3 メソッド」の全体像と共に、リニューアル段階で注力していくべき4つのポイントについて解説していきます。

ポイント1:目標設定と「見える化」

 まず、1つ目の重要なポイントが目標設定と「見える化」です。

 Data Driven Marketing(データドリブンマーケティング)を実践するためのWebサイトを構築していくには、売上、オンライン成約数といったサイトの中長期におけるゴール、そして現状のWebサイトのパフォーマンスを知ることから始めます。そのためには、正しい「見える化」により、あるべき姿と現状のギャップを「課題」として抽出することが必要となります。

 アクセス解析ツールを導入すれば、Webサイト内の数値が容易に調べられます。

 例えば、Webサイトへの訪問数、ページビュー数、ゴール達成数、売上、よく見られているページ、どのWebサイト・どの検索キーワードから訪問しているか、もう少し踏み込めば、サイト内検索で0件ヒットのキーワード、カートに追加した商品など、すべて挙げられないほどの数値が潜在しています。

 もちろん、全ての数値をチェックするには膨大な時間と労力を消費するため、まずはチェックする数値を絞ります。絞り込むべき数値はWebサイトの特性によって変わりますが、もっとも重要で本質的な数値を分解すると以下になります。つまり、これらがWebサイトの成果に直結している数値なのです。

リード生成型Webサイトの場合

 「ゴール数(資料請求獲得数etc)」=「訪問数」×「コンバージョン率」

EC サイトの場合

 「売上」=「訪問数」×「購買率(コンバージョン率)」×「客単価」 

 これらの数値が、売上やゴール数を算出するために重要な指標なことは理解していただけると思います。さらに、訪問数、コンバージョン数をさらに分解・細分化していくことで、ゴール誘導、売上貢献に関わるパフォーマンスが「見える化」でき、課題発見・施策展開へとつながります。

 具体的にどのような指標をKPI(Key Performance Indicator=重要業績指標)として追っていくのかは次回の連載でより詳細にお伝えしていきますが、リニューアル時における最も重要なポイントは、こういったKPIを定義した上で、それらの指標を「アクセス解析ツールで正確に計測できるようにツールの計測要件を定義していく」ことにあります。

 なぜなら、リニューアル後に追加で指標を取得したくても、システムの改修が必要が出てくるなどの障壁で追加できないケースが、往々にしてあるからです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:データドリブン視点のサイトリニューアル実践法

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5