MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

自分の違法行為、職場の機密情報を「投稿できる」
ソーシャルメディア炎上予備軍の存在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2011/12/26 15:10

 PR TIMESは26日、ソーシャルメディアの炎上についての調査結果を発表。「炎上予備軍」ともいえる層の存在が明らかになった。

 PR TIMESは10月に、ツイッター、ミクシィ、フェイスブックなどのソーシャルメディアを利用している20~39歳までの男女400名を対象に、「ソーシャルメディアの炎上」についての調査を行った。

 その結果、ソーシャルメディアを匿名登録で利用しているユーザー363名のうち、「法律を破る自分の行為」を“投稿できる”と回答したユーザーが5.0%存在することが明らかとなった。また、「職場の機密情報」については4.4%、「職場への有名人の来訪」については23.4%が“投稿できる”と回答。炎上する可能性の高い話題をみずから提供できると考えるユーザーが一定割合存在し、炎上の起因となり得る「炎上予備軍」となっていることが考えられる。

 「実名/匿名による投稿」の可否については、年代の違いによって認識に差異が見られた。20代では、炎上の起因となる可能性が高い話題を“投稿できる”と答えた人は「実名ユーザー」「匿名ユーザー」ともに約5%となっているが、30代ユーザーでは、「実名ユーザー」3.7%に対して、「匿名ユーザー」は8.2%と、倍以上の出現割合となった。

 このことから、30代は20代よりも、匿名投稿について比較的強い「安全性」を感じる傾向があると考えることができる。

【関連記事】
Dellの女性向けサイトが炎上、ジェンダーマーケティングの難しさ
「ネットで匿名を使うのは失礼だ」60%【米世論調査】
「匿名ならブログに会社のことを書いてもいいのでは?」新社会人の6割以上
フェイスブックでは、弱みは見せない
ネットでの友達の多さは「リア充」にあらず?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5