MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

タブレット型端末、52%の企業が導入に積極的
最多理由はペーパーレス化によるコスト削減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/07/13 12:00

 GfK Japanは、国内企業約1,800社のIT関連業務従事者に実施したアンケート調査より、企業のタブレット型端末利用状況を発表した。

 GfK Japanは、2012年4月期における企業のタブレット型端末利用状況を発表した。

 タブレット型端末を「導入している」と回答した企業の割合は19%。「導入を予定/検討している」の割合は33%であった。

 業種別にみると、「建設業」「教育」では「導入している」が前回調査から10%ポイント以上増加。また、「不動産業」「流通業」においては「導入している」が20%強、「導入を予定/検討している」割合も40%を超え、導入に積極的な姿勢が見られる結果となった。

タブレット型端末導入状況

 また導入の最多理由は「ペーパーレス化によるコスト削減」であった。タブレット型端末のビューアーとしての活用認知度の高まりがうかがえる。

タブレット型端末導入理由

【調査概要】
調査期間:2012年4月
調査方法:インターネットリサーチ
サンプル数:約1,800 ※従業員規模別・業種別の各セグメントで均等割付
回答者:情報システム部門所属、またはITハードウェア・ソフトウェアの導入関係者
調査項目:スマートフォン・タブレット型端末導入状況
        企業の情報化投資動向に関する事業所調査

【関連記事】
タブレット利用が進む米国、ユーザーはPCより「スマホ」に近いと認識、さらに未来への期待も【電通総研調査】
博報堂DY、タブレット端末を使った営業・接客支援ツール「スマートセールス」を開発
電子教科書を読む教育用タブレットは2015年に1000億円市場に
2012年企業のモバイル広告利用動向調査結果 スマートフォン広告出稿、BtoC企業で大きく増加
2015年、モバイルワーカー人口は13億人以上に Googleの位置情報サービスをビジネスへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5