MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2016年インターネットテレビ利用台数は1,623万台、インターネットテレビ/スマートテレビ普及予測発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2012/10/19 12:00

 MM総研はインターネットテレビ及びスマートテレビの利用意向と今後の普及予測を発表した。

 MM総研は2012年10月、インターネットテレビとスマートテレビの利用意向に関する調査・予測を行った。

 インターネットテレビとはLANケーブルによる有線接続や無線LAN接続によるインターネット接続機能のみを有するテレビのこと。スマートテレビとはLANケーブルによる有線接続や無線LAN接続によるインターネット接続により、パソコンやスマートフォンなどと同様に、動画視聴・ビデオオンデマンド、Facebook、Twitter、SkypeやブログなどのSNSサービスなどのアプリを画面上で利用可能な多機能テレビのこと。

 テレビのインターネット接続状況について質問したところ、「インターネット接続機能があり、利用したことがある」と答えた人は16.7%であった。インターネット接続機能があると答えた人は65.6%であり、接続機能がありながらも利用経験のない人は半数を占め、現時点ではテレビによるインターネット利用は進んでいないことが明らかに。

テレビでのインターネット接続機能の利用について

 テレビでインターネット接続を利用した経験のあると答えた250名に、どんな機能やサービスを利用したことがあるかを尋ねたところ、最も多かったのは「インターネット検索」(46.4%)。「動画視聴・ビデオオンデマンド」(44.0%)、「オンラインショッピング」(10.0%)が続いた。

インターネットテレビでの利用機能・サービスについて

 一方で、スマートテレビで利用したい機能・サービスは「動画視聴・ビデオオンデマンド」が46.6%と最多であった。それに「インターネット検索」(26.5%)、「オンラインショッピング」(10.5%)が続いた。

スマートテレビで利用したい機能・サービスについて

 MM総研ではインターネットテレビの利用台数は2012年3月末で864万台と分析。その後、2016年3月末には1,623万台になると予測。一方、スマートテレビの利用台数は2012年3月末で52万台と分析。その後、2016年3月末には610万台になると予測する。今後各メーカーからはスマートテレビの発売が相次ぎ、スマートテレビの購入・利用が増加すると考えられる。

【調査概要】
調査方法:Webアンケート
調査対象:現在テレビを保有している1,500名(20~70歳の男女)
調査期間:2012年9月14~20日

【関連記事】
ニコニコ動画、テレビで視聴可能に
フジテレビ、YouTubeに「女子フジ」新チャンネル開設
IMJ、スマホをリモコンにしてテレビを楽しむ「TV FRISK Platform」
博報堂DYグループ「全国スマートフォンユーザー1,000人定期調査」第2回分析結果発表
SNSは記憶への影響度と興味喚起度が高く、広告効果も高い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5