MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

実は簡単!DMPを活用したオーディエンスターゲティングとリターゲティングの仕組み【アドテクノロジー基礎講座第3回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/03/22 10:00

 これまで連載では、1回目にインターネット広告の中に新たに登場したアドテクノロジー領域の解説を行い、2回目ではアドテクノロジー領域の中でも最も注目をされているDisplay広告領域をカオスマップの視点から解説してきました。そして広告在庫を売買する新たな方式「RTB(Real Time Bidding)」が今後のアドテクノロジーをさらに加速させることになるでしょう。今回は広告在庫の売買ではなく、その購買判断を行う際に非常に重要になってくるDMP(Data Management Platform)について解説していきます。 (バックナンバーはこちら)

DMPは何のプラットフォーム?

 DMPとはData Management Platformの略で、言葉のまま定義すると「データを管理するプラットフォーム」となり、このままではとても抽象的ですね。アドテクノロジー領域でDMPを活用するということは、ユーザー(オーディエンス)をDMPで管理するということです。それによりユーザーの状態を把握して、適切な広告メッセージを送ったり、最適なタイミングで広告配信をすることができるようになります。つまり、DMPはそれを実現するためのプラットフォームです。

 実際に海外での利用動向を見てみると、媒体社と広告主でDMPの使い方に大きな違いがありますが、DMPを利用するメインの目的はオーディエンスを管理することという共通点があります。今まで広告在庫の売買に関しては「枠」の印象が強かったことに比べて、DMPでは広告主も媒体社もオーディエンス(広告主にとっての見込み顧客、媒体社にとっての読者)に視点が向いている所が特徴的です。

実際にDMPを使う流れを体験しよう、第1ステップはデータ集めから

 では、実際にDMPを使った場合に、データの蓄積から広告配信の利用までどのような流れになるのか、順を追って解説していきましょう。

 まず、データをDMPで収集するためには、自社サイトにDMPのタグを設置することから始まります。たくさんのデータを収集するためには多くのページにタグを設置する必要があります。DMPのタグはページ毎に別のタグを貼り分けると煩雑になるので、同一のタグを設置できるようになっています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:ここからはじめよう!アドテクノロジー基礎講座

もっと読む

この記事もオススメ

過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5