MarkeZine(マーケジン)

記事種別

Amebaが「ママ事業部」を新設、育児中の女性を対象としたクラウドソーシング事業を展開

2013/05/22 13:00

 サイバーエージェントが運営する「Ameba」は、子どもを持つ母親向けの事業を強化するためママ事業部を設立。自宅でも仕事を受けることができる、育児中の女性を対象としたクラウドソーシング事業を開始した。

 「Ameba」では、著名人ブログの人気ランキング上位の大半をママタレントが占め、数十万人規模のママブロガーを抱えている。新設するママ事業部では、Amebaのサービスを中心に、国内最大のママネットワークの構築を図る。

 第一弾の取り組みとして、育児中の女性を対象としたクラウドソーシング事業をスタート。出産・育児のため30代の女性の就業率が低下するという現状を踏まえて、自宅で育児をしながらインターネット経由で仕事を受託できる仕組みやサービスを提供することで、母親が仕事をする機会を創出し、仕事と育児の両立の支援を行う。

【関連記事】
ママの約9割「スマホは家事や育児に役立つアイテム」
大学生は「Facebook・はてな」、高校生は「YouTube・FC2・Ameba」
「妊娠・出産・育児」に関する行政サービスの情報発信ツール「ママフレ」
ギャルママをターゲットにした「ママカワプロジェクト」立ち上げ
トイザらス、子ども向けタブレット端末「tabeo」を10月発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5