MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

日経BP社、ビッグデータ活用による日本の製造業の増益効果を最大2兆円と予測

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/07/09 11:30

 日経BP社のビッグデータ・プロジェクトは、ビッグデータ活用による日本の製造業の増益効果は最大でおよそ2兆円にのぼると発表した。

 日経BP社のビッグデータ・プロジェクトは、7月8日、国内企業がビッグデータを活用することで得られる利益拡大規模の予測を発表した。ビッグデータを本格的に活用することで、企業は売り上げ拡大やコスト削減が実現でき、営業利益の拡大につながる。

 日本国内の製造業全体の営業利益の合計値で比較したところ、2012年の営業利益の合計値に対する2016年の増分は最大2兆500億円に達する試算に。流通業を含む卸・小売業についても調査し、同7,200億円の増分が得られると予測した。

 試算には、データの所有権や利用権を軸にした業界内や他の業界との連携の活発化も盛り込んだ。また、企業のビッグデータ活用を支援する製品やソフトウエア、コンサルティング・サービスなどの拡大も同時に進み、情報サービス産業の市場拡大にもつながる見通し。

【関連記事】
デジタルガレージとクレディセゾン、企業育成やビッグデータ事業の業務提携に基本合意
日立、交通系ICカードビッグデータ活用による駅エリアマーケティング情報提供サービス開始
ソフトバンク・テクノロジーと東京理科大学、ビッグデータビジネスの産学連携開始
トヨタ、自治体や企業が利用できる「ビッグデータ交通情報サービス」を開発
「OKWave総合研究所」開設~蓄積したビッグデータを基に、VOC分析等実施へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5