MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

枠買いから運用へ、ニーズが高まる「運用型ネット広告」は2591億円市場に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2013/07/09 14:00

 ネット広告が「広告枠を買う」から「広告運用で成果を上げる」へ変化している。ミック経済研究所は、ネット広告の市場調査資料「ネット広告&Webインテグレーション市場の現状と展望2013年」を発刊した。

2012年度のネット広告代理市場は5650億円、前年比108.9%

 ミック経済研究所は、マーケティング資料「ネット広告&Webインテグレーション市場の現状と展望2013年」を発刊。本年度から、今まで市場規模の中に含めていなかったSEO/LPOおよび広告効果測定等のコンサルティングの売上を加えて市場規模を算出した。主要50社のデータをベースに、拡大集計を行ったネット広告代理市場の総市場規模は、2012年度5650億円(前年比108.9%)、コンサルティングまで含めた総市場規模は5950億円(同108.6%)となった。

 2016年度までの総市場の推移を見ると、コンサルティング市場を含まない場合、2013年度以降は年平均成長率8.4%で推移し、2016年度のネット広告代理総市場は7787億円にまで拡大すると予測。コンサルティング市場を含む場合、2013年度以降は年平均成長率8.0%で推移し、2016年度には8100億円に達すると予測している。

ネット広告代理市場における運用型広告のシェア

 今回の調査では、ネット広告代理市場における運用型広告(※)のシェアと市場規模の推移を集計し、2016年度までの中期トレンドを予測。

※「運用型広告」は、Web広告の中におけるアドネットワーク広告およびリスティング広告の全てを合算したもの。アドネットワーク広告は、リターゲティング広告、行動ターゲティング広告、DSP、SSP、アドエクスチェンジなどを対象にしており、アフィリエイトは含まない。

 「運用型広告」は、従来型ネット広告の“広告枠を買う”から“広告運用で成果を上げる”へネット広告が変化していることを表す言葉。メディアが良ければ成果が出るという考えではなく、“いかに効果を出すために広告を運用するか”がより重要になっていることが、運用型広告が拡大する要因となっている。

 こうした市場の要請によって、運用型広告の市場規模は年々高まってきており、2012年度にはデバイス合計の全体市場において、58.3%のシェアを占め2591億円の市場にまで拡大してきている。

【関連記事】
運用型デジタル広告専門会社「ネクステッジ電通」設立 
「日本の広告費」総広告費5兆8,913億円(前年度比103.2%)、5年ぶりに増加
ミクシィ、ネット広告事業を提供する「ミクシィマーケティング」設立
オプト、ディスプレイ広告の運用からタグ・データフィードの導入支援まで「OMATOME」
Yahoo! JAPAN、広告ソリューション刷新~Yahoo!ディスプレイアドネットワーク新設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5