MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

無料版も提供開始!ビジネスアカウント「LINE@」リニューアル~お店と顧客の1to1コミュニケーションも可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/04/24 12:15

 5月中旬に、「LINE」で提供されているビジネスアカウント「LINE@」がリニューアルする。「LINE お店ページ」「LINE お店トーク」といった新機能追加に加え、無料版アカウントの提供が始まる。

 LINE株式会社は、同社が運営する「LINE」で提供するビジネスアカウント「LINE@」において、5月中旬にリニューアルすることを発表した。「LINE お店ページ」「LINE お店トーク」といった新機能の追加に加え、無料版アカウント提供が始まる。無料版アカウントの事前登録受付は、本日4月24日より開始。

 「LINE@」は、飲食・アパレル・美容・宿泊施設などの実店舗を対象に、LINEのプラットフォームを利用して店舗の販売促進をサポートするO2Oサービス。2012年12月に開始し、現在ではアカウント開設数は3万件以上。LINE@から配信されたクーポンを来店時に利用するユーザーは約40%を占める。

 日本において5,000万人以上のユーザーを有するLINEの基盤と、高い利用率を活かし、LINE@はスマートフォン時代におけるO2Oプラットフォームとして、ユーザーが「お店にLINEする」関係の構築を目指す。

LINE お店ページ~ユーザーにお店を見つけてもらいやすい環境づくり

 LINEおよびWEB上から店舗情報(メニュー、クーポン、写真・動画など)が参照でき、店舗への認知・誘導・共有を促す「LINE お店ページ」を提供する。店舗側は管理画面にログインして内容を編集することにより、詳細なお店情報を無料で掲載できる。

LINE お店トーク~店舗とユーザーの1to1コミュニケーションを実現

 LINEのユーザー同士が「トーク」でコミュニケーションをとる感覚で、ユーザーと店舗が双方向にメッセージを送ることができる機能。問い合わせ受信後はユーザーと双方向でトークを行うことができ、予約・商品に関する問い合わせ・意見募集など、様々な用途に利用できる。(※既存のLINEの「トーク」とは異なる)

 また、LINEから国内外の固定・携帯電話番号へ低料金で通話ができる「LINE電話」と連携し、「LINE電話」からLINE@加盟店舗に発信した場合は通話料が無料になるフリーダイヤルを期間限定で無償提する。

料金プラン~無料プラン提供でさらに使いやすく

 従来の月額5,000円(税抜き)の有料版に加え、月額無料でアカウントが利用できる無料版(スタンダードプラン)の提供を開始する。無料版ではメッセージ配信数に一部制限があるものの、「LINE お店ページ」の掲載・編集、問い合わせ対応、メッセージ配信など、主要機能を全て無償で利用できる。(※初期費用は有料版、無料版ともに無料)

【関連記事】
LINE、公式アカウント及びLINE@参画企業向け「公式ホーム」機能提供開始へ
「LINE@ナビ」提供開始~地域と人・ビジネスをつなぐO2Oマーケティングプラットフォームへ
1日3回、話題のニュースをダイジェスト形式で配信!「LINE NEWS DIGEST」スタート
LINEで自作のスタンプが販売できる「LINE Creators Market」、登録受付スタート
コミュニケーション手段はメールからソーシャルへ、LINEは40代以下の全年代で30ポイント増

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5