MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

2013年度ソーシャルギフト市場、前年度比204.5%の45億円の見込み【矢野経済研究所調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/05/08 13:00

 矢野経済研究所が実施した調査から、2013年度の国内ソーシャルギフト市場は前年度比204.5%の45億円の見込みであることが明らかになった。

 矢野経済研究所は、国内のソーシャルギフト市場の調査を実施した。本調査におけるソーシャルギフトサービスとは、インターネットで購入したギフト(贈り物)を、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)やメッセンジャー、eメールなどを利用して通知し、贈るサービスを指す。

 2012年度の国内のソーシャルギフト市場は、前年度比102.3%の22億円となった。法人のインターネットを利用したキャンペーン(オンラインキャンペーン)におけるソーシャルギフトサービスの拡大、およびパーソナルギフトにおけるスモールギフトの進展により、市場は拡大しており、2013年度の同市場規模は前年度比204.5%の45億円(いずれも発行金額ベース)の見込み。

 ソーシャルギフト市場は、2020年度には770億円(発行金額ベース)まで拡大すると予測。とくに、法人利用では、金券の管理・配送などのオペレーションや配送コストが不要になることが、また、パーソナルギフトでは、従来の商品券・ギフト券、ギフトカード需要からの代替利用が拡大することが追い風になると考える。ソーシャルギフトサービスは、従来の紙型のギフト券などと棲み分けをしながら拡大し、新しいギフトの形として浸透していくだろう。

【関連記事】
バリューコマース、韓国ソーシャルギフトサービス「giftishow」運営会社と業務提携へ
ソーシャルギフトを一番活用しているのは30代男性
アライドアーキテクツ、ソーシャルギフト型Facebookキャンペーン構築支援サービス開始
Zoff、ECサイトリニューアルで売上120%アップ
EC支援企業がひとめでわかる ECのミカタ、「EC業界相関図 2014年度版」をリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5