MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

米DAA、モバイルユーザーがアプリとウェブで広告表示を制御できるツールを今秋リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/06/27 15:00

 米Digital Advertising Alliance(DAA)は26日サミットを開催し、モバイルユーザーがアプリとウェブで広告表示をコントロールできる2つのツールを発表。今秋リリースする予定だ。

 現在、デジタル広告は、Cookieやユーザーの行動データ、位置情報などを利用して、そのユーザーに関連のある広告(relevant advertising)を表示することが可能となっている。しかし、そうした情報を利用することはユーザーのプライバシー侵害につながる可能性がある。

 Digital Advertising Alliance(DAA)のサミットで発表されたのは、「DAA mobile choice app」と「DAA mobile-optimized choice page」。それらはユーザーがモバイルアプリとモバイルウェブで、関連性のある広告を受け入れるかどうかを選択可能にする。

 「DAA mobile choice app」は無料ダウンロードで提供するアプリ。ユーザーは、アプリ環境で表示される関連性のある広告の表示について、2、3回タップするだけで設定できる。

 「DAA mobile-optimized choice page」は、DAAのデスクトップ向けの選択ツールを小さなスクリーン向けに使いやすくしたもの。ユーザーはモバイルブラウザに表示される広告をコントロールすることができる。

 今回の発表を伝えるAdAgeの記事では、モバイル環境では基本的にCookieが機能しない点に注目。このため、DAAのアプリ開発は複雑なものになったという。このアプリのバックエンドには、同様のアプリを提供するGhosteryのシステムを採用。オプトアウトしたいモバイル広告プロバイダーを選んだり、すべての会社を一度にオプトアウトすることができるという。

 DAAは、メディア、広告、マーケティングの業界団体が連携した米国最大の組織で、オンライン行動(ターゲティング)広告をユーザー自らコントロールするためのプログラムを2010年から展開している。DAAは、2012年にマイクロソフトがブラウザ「Internet Explorer 10」に、「Do Not Track(追跡禁止)」機能をデフォルトでオンにすると発表したことに対して、懸念を表明したことでも知られている。今回の2つのツールは、メディアやマーケターが、データを活用して広告効果を高める一方で、ユーザーがプライバシーを自ら守れる手段を提供するための取り組みの一環でもある。

【関連記事】
CyberZと米41st Parameterが提携、ブラウザ起動や端末IDを利用しないプライバシーに配慮した広告効果測定を実現
アドウェイズ子会社、スマホ向け効果測定システム「PartyTrack」に「AdTruth」を採用
宮一良彦氏×清水誠氏が「個人情報/プライバシー問題」を語るイベント開催、進化する技術とパーソナルデータ活用のバランスは?
CAリワード、端末IDやCookieに依存しない新たなリワード計測技術を独自開発
cciとDAC、DDAI(Data Driven Advertising Initiative)設立~ユーザーの閲覧履歴データの透明性確保が目的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5