MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

スマホでショッピングする10代女性が急増/ガラケーからのネット利用は約2割【ジャストシステム調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/08/21 15:00

 ジャストシステムが行った調査から、スマホでショッピングする10代女性が大幅に増加しており、またスマホユーザーの2割弱が有料音楽配信サービスを利用していることが明らかになった。

 ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask」を利用して『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2014年6月度)』を実施した。

スマホでショッピングする10代女性が大幅に増加

 ネットショッピングをする際に主に利用する機器は、2013年6月時の調査では「PC(デスクトップ、ノート)」(93.2%)、「スマートフォン」(5.5%)、「タブレット型PC」(0.8%)であったが、今回の調査では「PC(デスクトップ、ノート)」が90.0%に微減し、「スマートフォン」が7.4%、「タブレット型PC」が1.9%へと微増した。

 特に10代(15~19歳)がネットショッピングにスマートフォンを利用する割合は、2013年6月時の調査と比べ、男性は10.9%から19.5%に、女性は20.0%から34.4%と大幅に増加した。

スマホユーザーの2割弱が有料音楽配信サービスを利用

 スマートフォンユーザーのうち、有料音楽配信サービスを利用している人の割合は17.7%であった。利用者が最も使用している有料音楽配信サービスは、「レコチョク Best」(39.8%)がトップに。次いで「ひかりTVミュージック」(24.3%)、「Music Unlimited」(18.4%)となった。

フィーチャーフォンからのネット利用は約2割

 主に「通常の携帯電話(フィーチャーフォン)」を使ってインターネットにアクセスする人の割合は21.5%となり、1年前の28.0%から減少した。一方、主に「スマートフォン」を使ってインターネットを利用する人の割合は前年の45.6%から50.9%に、「タブレット型PC」を使う人の割合は15.4%から19.8%に増加した。

4人に1人が、スマートウォッチを「使用してみたい」

 ウェアラブルデバイス(装着型の小型コンピュータ端末)の利用状況を調べたところ、現在使用している人の割合は「スマートグラス(メガネ型端末)」(2.0%)、「スマートウォッチ(時計型端末)」(1.7%)、「ブレスレット型端末」(1.5%)となった。

 そして「使用したことはないが使用してみたい」デバイスとして最も多かったのは「スマートウォッチ(時計型端末)」(23.7%)。次いで「スマートグラス(メガネ型端末)」(22.1%)、「ブレスレット型端末」(18.7%)となった。

【調査概要】
調査期間:2014年6月27~30日
調査対象:Fastaskのモニタのうち、15~69歳まで5歳ごとに、男女それぞれ50名ずつ割り付けて回収(合計1,100名)

【関連記事】
DNP、眼鏡型ウェアラブル端末「スマートグラス」向けデジタル雑誌&電子書籍を開発
6割超がウェアラブル端末「知らない」/利用意向は1割に【MMD研究所調査】
Amazon.com、ウェアラブルデバイス専門ストアを開設
2013年東アジアスマホゲーム市場規模、前年比約2倍の9,168億円に急拡大【CyberZ調査】
4割超がスマホゲームでの課金経験有/毎日スマホゲームで遊ぶ人は4割弱【MMD研究所調査】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5