MarkeZine(マーケジン)

MarkeZine(マーケジン)

記事種別

博報堂、モノ×テクノロジーで未来動かすプロジェクト「monom」発足~第一弾プロダクト開発中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/02/17 09:00

 博報堂は、プロダクトデザイン、テクノロジーリサーチ、ビジネスデベロップメントに強みを持つメンバーを中心に、プロダクト・イノベーション・プロジェクト「monom」を発足し、本格始動を開始した。

 近年、3Dプリンターなどのデジタルツールやデジタルデバイスの普及によって、テクノロジーを使ったモノづくりによる、新たな発想が生まれる兆しを見せている。他方、近年のメディア構造の変化や課題の多様化によって、博報堂のソリューション領域やビジネス領域、クリエイティブ領域も広がりが出てきている。

第一弾プロダクト「iDoll(アイドール)」

 こうした環境のなか発足されたプロダクト・イノベーション・プロジェクト「monom(モノム)」は、プロダクトデザイン、テクノロジーリサーチ、ビジネスデベロップメントに強みを持つメンバーを中心に構成されている。同プロジェクトでは、博報堂が培ってきた生活者発想を起点に、社外のテクノロジーパートナーとの協業を通じて、これまでになかったプロダクト開発を行い、マーケティング課題の解決に留まらない、新しい生活文化の提案と新しい市場の開拓を目指す。

 なお、現在第一弾プロダクトとして、ロボティクスベンチャーのユカイ工学との共同開発による“動き”を楽しむための掌サイズのロボットドール「iDoll(アイドール)」を開発中。

【関連記事】
アクセンチュア、将来のデジタルビジネスに影響を与える5つのテクノロジートレンドを予測
「2015年はヒト/モノ/データの関係が転換する」スパイスボックスがテクノロジートレンドを予測
博報堂と東京大学、「ウエアラブル・メディア」の可能性を探求する共同研究スタート
電通、マツコ・デラックスの等身大アンドロイドタレント「マツコロイド」を共同開発
「電通ロボット推進センター」設立~ロボットビジネス関連ソリューション提供で新産業の創出に貢献

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:MarkeZineニュース

もっと読む

この記事もオススメ


過去の人気記事ランキング

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5